スポンサーリンク
gdb

gdbでSPILS その2

SPILSネタの続きです。 前回、SPILSでscilabからgdbに接続する構成を示しましたが、 以下の構成の方が一般的です。 もう一個別のgdbをgdbサーバーとして起動。 scilab直下のgdbからリモートデバッグする体で接続しています。
gdb

gdbでSPILS その1

gdbをISS(インタラクションセットシミュレータ)として利用した上で、scilabと連携する方法。
gdb

gdbによるISS その2

gdbをISS(インタラクションセットシミュレータ)として利用した上で、制御器の検証に応用する方法。
スポンサーリンク
gdb

gdbによるISS その1

gdbをISS(インタラクションセットシミュレータ)として利用する方法
scilab

scilabとRTOSのCoSimulation 後編

scilabとTOPPERS/JSPの協調シミュレーション
scilab

scilabとRTOSのCoSimulation 前編

scilabとTOPPERS/JSPの協調シミュレーション
scilab

scilabとboost:statechartの連携(後編)

scilabとboost:statechartの連携 後編です。 C言語化ですが、自動化ツールがあるわけでもないので手作業になります。 とはいえ、あまりにも設計と離れすぎると結局実装ミスが入り込みそうなので、 boost::statechartに一番性質が近いと思われる、 イベント拡張型、遷移規定型のハイブリッド
scilab

scilabとboost:statechartの連携(中編)

scilabとboost:statechartの連携 中編です。 前回、青図を描きました。 理屈上は大丈夫そうなのですが、 実際にやってみないと分からんよねってことで、 もうちょっと具体的に設計からやってしまいたいと思います。
scilab

scilabとboost:statechartの連携(前編)

CBlockの特殊な使用方法の一端。 C++Boos:statechartを併用した手法
scilab

scilabの紹介

scilabによるPID制御及びモーターシミュレーション
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました