物理学

スポンサーリンク
物理学

【やり直し】力学さっくり解説【高校物理】

微分積分は割り算/掛け算に置き換えて考えてみる。微分≒割り算。積分≒掛け算。直交座標系力学のポイント。加速度、速度、距離の関係性。力×時間で運動量。さらに×速度で仕事。それを÷時間で仕事率。ショートカットも可能 。力×速度=仕事率。力×距離=仕事。極座標系力学のポイント。ラジアンで楽をする。以下を知っていれば、直交座標系の概念がそのまま使える。距離=回転距離。速度=角速度×半径。直交座標系と極座標系は仕事、仕事率で繋がっている。視点を変えて、自分で勝手な式に作り替えても良い。というか、そういう学問。物事を単純なパラメータへばらすテクニックの集大成と捉えても良い。
物理学

【やり直し】回転運動と直線運動の関係性【高校物理】

回転運動と直線運動の例題。
物理学

【やり直し】回転運動(トルク、角運動量、仕事、仕事率)【高校物理】

高校物理の力学の最難関の回転運動こと極座標系の説明。基本的には直線運動の概念を踏襲しつつも、角度で考えるか円周で考えるかの2つの概念が交差してる。これが混乱の元になっている。
物理学

【やり直し】円周と角速度【高校物理】

角度、角速度の関係。角度、円周の関係。弧度法のおかげで相当シンプルになっている。
物理学

【やり直し】極座標系のための外積【高校物理】

極座標系を学ぶにあたって必要最低限の外積の説明。
物理学

【やり直し】極座標系のための弧度法【高校物理】

度数法と弧度法についての説明。弧度法は端的に言うと昔の偉い人達が考えてくれたサボりの境地である。
物理学

【やり直し】直線運動(力、運動量、仕事、仕事率)【高校物理】

力学の直線運動の関係性をマトリクス表現で説明。また、それぞれの関係性のショートカットについても説明する。
物理学

【やり直し】加速度による速度と距離の定義【高校物理】

加速度の定義について記載。厳密には加速度と言う概念を用いて、速度と距離を定義することで加速度を定義している。
物理学

【やり直し】微分積分についての最低限の復習【高校物理】

やり直しのための力学を始める前に簡単に最低限の微分積分を簡単に復習。
物理学

【やり直し】ニュートン力学の構成【高校物理】

ニュートン力学をの要素分解(直交座標系、極座標系)と推奨学習順序の設定。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました