モデルベース開発

モデルベース開発モデルベース開発
スポンサーリンク
車両診断通信

車両診断通信【バックナンバー】

車両診断通信についていろいろ語っていく系のバックナンバー。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その66【シミュレーション④】

AUTOSAR-Dcmのインターフェース関数復習。 AUTOSAR-Dcmのインターフェース関数を実装してみた。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その65【シミュレーション③】

AUTOSAR-Dcmのインターフェース仕様図解した。 通信用のバッファはAUTOSAR-Dcm管理で、省メモリ省コピー型の設計実装になっている。 AUTOSAR-Dcmの中は3つのサブモジュールで形成されている。 dsl:Diagnostic Session Layer。 dsd:Diagnostic Service Dispatcher。 dsp:Diagnostic Service Processing。
スポンサーリンク
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その64【シミュレーション②】

AUTOSAR-Dcmの仕様書(r3.3)を確認。 AUTOSAR-Dcmのインターフェース確認。 NRC$78はAUTOSAR-CanTpとしては単なるSingleFrame。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その63【シミュレーション①】

AUTOSAR-Dcmシミュレーション構成復習。 AUTOSAR-Dcmシミュレーションで使用するサービス確認。 具体的に確認したい項目も。 responsePendingCountというNRC$78の返信回数規定も含める。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その62【UDS㉒】

WriteDataByIdentifierサービスの具体的送受信例。 NRC$78を含めた送受信例も。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その61【UDS㉑】

WriteDataByIdentifierサービスのリクエストメッセージの説明。 ReadDataByIdentifierサービスと異なりDIDは一個固定。 WriteDataByIdentifierサービスのレスポンスメッセージの説明。 実際にはNRC$78は挟まる可能性あり。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その60【UDS⑳】

WriteDataByIdentifierサービスの説明。 利用シーン。 不揮発性メモリに紐づいた通信上の特性。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その59【UDS⑲】

シングルDIDの送受信を見た。 マルチDIDの送受信を見た。 一部のDIDが未定義なパターンも。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その58【UDS⑱】

ReadDataByIdentifierサービスのリクエストメッセージの説明。 複数DIDが設定できる。 設定できるDIDの個数制限がある場合があり、それを超えるとエラー。 レスポンスメッセージが4095byteを超える場合もエラー。 ReadDataByIdentifierサービスのレスポンスメッセージの説明 DIDとdataRecordの組み合わせ。 複数DIDの場合は上記組み合わせが複数一つの電文に載る。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました