DS検定 問題集(ひたすら過去問ふぅ問題で鍛錬する所 一問一答 仮)(データサイエンティスト検定リテラシーレベル)

DS検定 (データサイエンティスト検定) リテラシーレベル 問題集 データサイエンティスト検定
DS検定 (データサイエンティスト検定) リテラシーレベル 問題集

DS検定リテラシーレベルの問題集を設置。
(DS検定 データサイエンティスト検定 過去問 問題集 一問一答あたりのキーワードによる流入が多かったので作ってしまいました…)

現状は318問ほど放り込んでいる。
問題は随時追加予定。
(問題を解いてこのページに飛んできた場合、解答はこのページの下部に表示されてます。)

まとめ記事

DS検定リテラシーレベルのまとめ記事や解説動画へのリンクはこちら

動画とか

【巧妙な罠】データサイエンティスト検定リテラシーレベル解説【DS検定】

【これも見直し戦略が重要】データサイエンティスト検定試験画面解説【DS検定】

問題集と動画連携解説

本問題集とYoutube動画を連携させた利用方法の解説動画
&
スキルチェックリストベース出題して絨毯爆撃的に知識を付けるとか。

学習書籍

最短突破 データサイエンティスト検定(リテラシーレベル)公式リファレンスブック 第2版
(通称、白本)

徹底攻略データサイエンティスト検定問題集[リテラシーレベル]対応 徹底攻略シリーズ
(通称、黒本)

https://amzn.to/484ZM0E

合格対策 データサイエンティスト検定[リテラシーレベル]教科書

https://amzn.to/48iEblC

問題

DS検定リテラシーレベル

ある確率 p で成功する二項分布が与えられているとして、試行回数 n が増えていくと、二項分布はどのような分布に近似されるか。

DS検定リテラシーレベルのまとめ記事や解説動画へのリンクはこちら

コメント

  1. 山本力 より:

    非階層クラスター分析の問題ですが、あらかじめクラスター数を指定するのが正解なのではないでしょうか?

    • KEI より:

      ありがとうございます。
      ご指摘の通り、非階層クラスター分析はあらかじめクラスター数を指定します。
      修正します。

  2. スギサキヒロユキ より:

    60 66 75 80 81 83 88 94 100 の第一四分位 中央値を除いた前半が 60 66 75 80 と偶数個なので 66と75の中間 70.5とすべきではないでしょうか?

    • KEI より:

      データが9個の場合、間隔は8個。
      4等分で2間隔置きに第一四分位、第二四分位、第三四分位
      60⇔66⇔(Q1:75)⇔80⇔(Q2:81)⇔83⇔(Q3:88)⇔94⇔100

      よって、
      第一四分位:75
      第二四分位(中央値):81
      第三四分位:88

      と思ったのですが、
      調べてみると、そもそも四分位の算出はいろいろバリエーションがありそうです。
      私の算出方法はQ0,Q4包括するパターンで、
      スギサキヒロユキさんはQ0,Q4排他するパターンのようです。
      これ以外にもいろいろありそうなのですが、ちょっと調べきれませんでした。

      Excelなどが分かりやすく、以下2種類のようです。
      QUARTILE.INC→Q0,Q4包括パターン
      QUARTILE.EXC→Q0,Q4排他パターン

      これはおそらくパーセンタイルでも発生する事象です。

      DS検定としてはどちらにすべきはわかりません。
      包括or排他と明示してくれているか、選択肢から察するか、そもそもこれに関する計算問題は出ない可能性があります。

      • KEI より:

        なかなか包括的な説明も見つからないのですが、
        Wikipedia(英語)のQuartileが一番包括的な感じです。
        https://en.wikipedia.org/wiki/Quartile

        私のイメージはこの中のmethod 3に該当します。
        PythonのNumPy,Pandasなどはこのページの説明だとmethod 3のようです。
        Rはmethod 2ではありますが、これも中央値包括なので、今回に関しては類似手法に該当します。

        • KEI より:

          実際に計算させてみると、
          Wikipedia上の情報でmethod 3と書かれているExcelのQUARTILE.INC、PythonのNumPy,Pandasはmethod 2の振る舞いをしますね。
          Juliaもmethod 2です。
          MATLAB、Scilabがmethod 3の振る舞いをしました。

  3. りか より:

    MAEを計算させる問題の解答がMSEになっています。