車載ネットワーク

スポンサーリンク
車載ネットワーク

車載ネットワーク バックナンバー

主に車載ネットワークのEhternet関連についての記事。 ログファイル(BLF)に始まり、EthernetFrameの説明。 ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャストの違い。 lwIPの利用。Windows向けlibpcapであるnpcapの話。 などなど。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その76【100Base-T1⑥】

100Base-T1の詳細仕様まとめ。 とりあえず、ざっと表でまとめた。 100Base-T1をPCから制御する方法。 専用デバイスを使用するパターン。 ネットワークインターフェースに化けるパターン。 100Base-T1がCANに取って代わるのは考えずらい。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その75【100Base-T1⑤】

100Base-T1の詳細仕様(クロック、ハーネス最大長、伝送方式)説明。 クロックは3bitを3レベル2bitにすることから66.7MHz。 ハーネス長は対ノイズ性と衝突検知精度を確保するため短め。(15[m])。 伝送方式はシングルツイストペア。
スポンサーリンク
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その74【100Base-T1④】

100Base-T1の詳細仕様のうち、MIIについて説明。 MIIはMedia-Independent Interfaceの略。 基本的には100Base-TX仕様で語られているインターフェース仕様。 100Base-T1は4B/3B/2Tという変換プロセスが入る。 通信をする上でエッジは重要。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その73【100Base-T1③】

100Base-T1の詳細仕様説明。 比較対象として100base-TXも。 仕様名はIEEE802.3bw。 データ転送レートは100Mbps。 変調方式はPAM3。 3レベル2bitが論理3bit分。 MII、クロックの話と合わせると効能が分かる。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その72【100Base-T1②】

100base-T1とBroadR-Reachは同じもの。 違いはコンプライアンステストの詳細度。 車載ネットワークはハーネスの重さがキモとなり要シールドレス。 CAN/CAN-FDがその課題を解決していたが、映像を扱うシステムでは転送速度が不足。 そこで100Base-T1、BroadR-Reachの登場。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その71【100Base-T1①】

IEEEの説明をした。電気情報系の技術標準化機関。 IEEE802の説明をした。ローカルエリアネットワーク関連規格。 IEEE802.3。Ethernet関連規格。 IEEE802.3u。100Base-TX。 IEEE802.3bw。100base-T1(車載Ethernet)
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その70【lwIP+npcap⑯】

lwIP PCシミュレーションでHTTPサーバを動作させた。 ブラウザのアドレスバーにIPアドレスを打ち込む感じ。 lwIPのサンプルページが表示される。 本質的な失敗は存在しない。 うまくいかない方法を発見できたと言える。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その69【lwIP+npcap⑮】

lwIPに向けてpingを打ってみた。問題無く応答。 pingレスポンスの直前にlwIPからARP要求発生。GARPによりPCからlwIPは見えているが、lwIPからPCが見えていないため。 ARPテーブルにlwIPのIPアドレスとMACアドレスが登録されているのを確認。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その68【lwIP+npcap⑭】

lwIP起動直後に送信しているパケットがある。GARPとIGMP。 IGMPはマルチキャストグループ参加。 GARPはARPの一種だが、聞かれて答えるタイプではなく能動的に宣言するタイプ。組み込み機器とかはPCのように柔軟な対応ができないことが多いため、早々にGARPでIPアドレスを宣言することが多い。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました