スポンサーリンク
車両診断通信

車両診断通信【バックナンバー】

車両診断通信についていろいろ語っていく系のバックナンバー。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その56【UDS⑯】

TesterPresentサービスのメッセージについて説明。 suppressPosRspMsgIndicationBitについて説明。 PositiveResponse抑制。 NegativeResponseは返す。 NRC$78後のPositiveResponseも返す。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その55【UDS⑮】

TesterPresentサービスという何もしないサービスがある。 TesterPresentサービスは以下の利用シーンがある。 疎通確認。 ノード有無確認。 セッション維持。 TesterPresentサービスは必ずサポートしなければならないサービス。
スポンサーリンク
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その54【UDS⑭】

SecurityAccessサービスの基本フローを説明。 SecurityAccessサービスの基本フローに於ける実際のメッセージを説明。 セキュリティが掛かるのはリソース。 サービス。 DID。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その53【UDS⑬】

SecurityAccessサービスはわざとメンドクサイ手順を踏ませており、これがセキュリティ強度になっている。 事前に非defaultSessionに遷移している必要あり。 IGon後10秒待たないとダメ。 解除ミスをしたら一旦IGoffしないとダメ。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その52【UDS⑫】

SecurityAccessサービスは大きく2種類のメッセージパターンがある。 requestSeed。 sub-functionが奇数。 sendKey。 sub-functionが偶数。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その51【UDS⑪】

P2時間の復習。 P2時間は1秒 P2*時間の説明 P2*時間は5秒。 オフボードテスタはNRC$78を受信するとP2時間からP2*時間に切り替わる。 オフボードテスタは再度NRC$78を受信すると、そこからP2*時間分延長。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その50【UDS⑩】

PositiveResponseの説明。 Response SIDはRequest SIDに0x40とORを取ったものをセットする。 NegativeResponseの説明。 0x7F 0x10 0x12のような感じ。 ResponsePendingのような特殊なものは次回説明。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その49【UDS⑨】

DiagnosticSessionControlのISOで定義されているセッションについて説明 DiagnosticSessionControlのリクエストメッセージ。 DiagnosticSessionControlのレスポンスメッセージ 該当セッションのP2時間とP2*時間が取得できる。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その48【UDS⑧】

UDSシミュレーションで実現するサービスは5つ DiagnosticSessionControl。 SecurityAccess。 TesterPresent。 ReadDataByIdentifier。 WriteDataByIdentifier。 リスクストメッセージとレスポンスメッセージの説明の際はCANフレームまでの落とし込みはしない。 あくまでISO14229-1のレイヤのみでISO15765-2のレイヤの話はしない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました