SEO

スポンサーリンク
SEO

「Google search consoleからの苦情」対策集

「Google search console」から定期的に「XXXXで問題が検出されました」とメールが来ることがある。 それの対処集。 「記事を投稿したら、Google search consoleの"公開URLテスト"を掛けましょう。」 が結論となる。 少なくとも投稿ページの健全性だけでもキープ出来ていると問題の切り分けがしやすくなる。
SEO

Google search consoleからの苦情「構文にエラーがある構造化データが検出されました。」

Google search consoleから「構文にエラーがある構造化データが検出されました。文字列中に無効なエスケープシーケンスがあります」と苦情が来た。 何を言っているのかわからん。 「クリック可能な要素同士が近すぎます。テキストが小さすぎて読めません。」の対策と同一。 各投稿編集の「メタディスクリプション」に"¥"抜きな文字列を入れることで回避できる。
SEO

Google search consoleからの苦情「クリック可能な要素同士が近すぎます。テキストが小さすぎて読めません。」

Google search consoleから「クリック可能な要素同士が近すぎます。テキストが小さすぎて読めません。」と苦情が来た。 しかも、ほっとくと勝手に解決したりで、なんじゃこれ? ブログカード等で表示されている文字列。 この文字列のデフォルトは各投稿ページの先頭n文字分なのだが、あまりにも長すぎると苦情がくる。
SEO

Google search consoleからの苦情「送信された URL に noindex タグが追加されています。」

Google search consoleから「送信された URL に noindex タグが追加されています。」と苦情がちょいちょい来ていたので一応対処したよって話。 Cocoon、All in One SEOにそれぞれnoindexタグの設定項目があるので、一通りチェックするのをおすすめする。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました