G検定問題集(仮)

G検定問題集G検定

G検定対策まとめはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/jdla-deep-learning-for-general-2020-1/

スポンサーリンク

問題

G検定対策

物体検出器は、(A)と(B)の2種類に分類される。
後者は領域提案ネットワークを用いて(C)を生成し、
ディープニューラルネットワークを用いて各提案を(D)する。
一方、前者は物体検出を(E)と考え、統一的なフレームワークを用いてクラス確率と(F)の座標を学習する。
これにより、(A)の方が高速である。
(A)は以下に代表される。
・(G)
・YOLO
(B)は以下に代表される。
・(H)

(E)に入る言葉を選択せよ。

スポンサーリンク

学習用書籍

AI白書

各種問題集

スポンサーリンク

G検定対策まとめ

コメント