【FileSystem】車載外部ストレージ その62【SD応答向上仕様⑪】

【FileSystem】車載外部ストレージ その62【SD応答向上仕様⑪】車載外部ストレージ

バックナンバーはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/In-vehicle-external-storage-backnumber/

スポンサーリンク

はじめに

SDカードのAPP_PERF_CLASSの詳細の話。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

指差しフクロウ

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

技術者太郎

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

SDカードのSD_STATUS詳細

フクさん
フクさん

今回はPERFORMANCE_ENHANCEについて。

  • PERFORMANCE_MOVE
  • VIDEO_SPEED_CLASS
  • APP_PERF_CLASS ← これの第2回/全2回
フクさん
フクさん

SD_STATUSの上記に関係するところの明細。

BitsIdentifierValueDescription
439:432PERFORMANCE_MOVEPerformance of move indicated by 1[MB/s] step.AUのコピー速度
391:384VIDEO_SPEED_CLASSVedeo Speed Class value of the cardビデオスピードクラス
377:368VSC_AU_SIZEAU size in MB for Vide Speed Classビデオスピードクラスに於いてのAUサイズ
339:336APP_PERF_CLASSApplication Performance Class Value of the cardアプリケーションパフォーマンスクラス
スポンサーリンク

Application Performance Class詳細

太郎くん
太郎くん

Application Performance Class詳細ってことで、
A1とA2のそれぞれの話になるのかな?

フクさん
フクさん

そうだね。
それぞれの求められる要件のレベルがあるからねー。
まぁ性能を最大にするための制約とかもあるけど。

太郎くん
太郎くん

制約?

フクさん
フクさん

うん。
A1、A2の共通の要件としては、
「連続した1GBの範囲を4MBチャンクで書き込んでいる間、最低10MB/sの書き込み性能。」
ってのがあったりする。

太郎くん
太郎くん

あー、性能を謳うにあたっての前提条件ってことだね。

スポンサーリンク

Application Performance Class 1の詳細

フクさん
フクさん

まずはApplication Performance Class 1の詳細

フクさん
フクさん

まずはApplication Performance Class 1は以下のパフォーマンスレベルを保証している。

  • ランダムアクセス性能
    • 読み取り:1500 IOPS
    • 書き込み:500 IOPS。
  • 連続書き込み性能
    • 連続した1GBの範囲を4MBチャンクで書き込んでいる間、最低10MB/sの書き込み性能。
太郎くん
太郎くん

最後のはさっきA1、A2共通のやつだね。

スポンサーリンク

IOPSとは?

太郎くん
太郎くん

ところで、ランダムアクセスところの単位のIOPSって何?

フクさん
フクさん

恒例のWikipediaから引用。

入出力操作毎秒(Input/output operations per second, IOPS, 「アイオーピーエス」または「アイオプス」と発音)は、ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)、ストレージエリアネットワーク(SAN)などのコンピュータストーレジデバイスの入出力性能特性を示す単位。

Wikipediaより
フクさん
フクさん

簡単に言うと、1秒当たりのアクセス回数ってことだね。

太郎くん
太郎くん

アクセス数ってのはわかったけど、データサイズとかはどうなってるんだろ?

フクさん
フクさん

SDAの記載によると一回のアクセスは4kbyteになってるみたいだね。

フクさん
フクさん

ちなみに、IOPSの話は英語Wikipediaの方がいろいろ書いてる。

太郎くん
太郎くん

(日本語の方は数行で終わってるというのに・・・。)

スポンサーリンク

Application Performance Class 2の詳細

フクさん
フクさん

次はApplication Performance Class 2。

  • ランダム性能
    • 読み取り:4000 IOPS
    • 書き込み:2000 IOPS
  • 持続的なシーケンシャル書き込み性能。
    • 連続した1GBの範囲を4MBチャンクで書き込んでいる間、最低10MB/sの書き込み性能。
  • その他
    • Application Performance Class 2をサポートするカードは、コマンド・キューとキャッシュを無効にする条件で、Application Performance Class 1もサポートすること。
太郎くん
太郎くん

A2は、A1の2倍以上の性能ってことか。

太郎くん
太郎くん

あと、前回も出てきたA2はA1も内包しているってのが最後に書かれてる要件のことだね。

フクさん
フクさん

そうそう。

スポンサーリンク

とりあえず気になる点はおおよそ終わり

フクさん
フクさん

じゃー、そろそろPERFORMANCE_ENHANCEの話かな。

太郎くん
太郎くん

そういえば、元々はそれの話だったねー。

太郎くん
太郎くん

というかSDカードの仕様いろいろとあり過ぎじゃない?

フクさん
フクさん

まぁ外部ストレージとして一般化されて、インターフェースも比較的シンプルな割には高速ってことで
拡張し易く、拡張も望まれているってところなんだろう。
当然、高機能なものはコストもかかるから、
様々ばバリエーションがあって、それぞれがどこまでの仕様に対応しているかがわかるようになっていなければならない。

太郎くん
太郎くん

いやー、SPIとかも含めると作る側も大変だよね。

フクさん
フクさん

そういう意味ではSDUCなんかはSPIモードは非サポートになってるね。

太郎くん
太郎くん

あ、そうなんだ。
まぁ古い仕様全てをサポートし続けるってのも大変だろうしね。
どっかで見切りをつけるってのも大事だね。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • SDカードのAPP_PERF_CLASSの詳細の話。
  • A1,A2共通要件として「連続した1GBの範囲を4MBチャンク」の話がある。
  • IOPSは1秒当たりのアクセス回数。
    • SDカードの場合1アクセス4kbyte想定。
  • A2はA1の4倍の性能。
    • コマンド・キューとキャッシュを無効条件でA1サポート義務あり。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました