KEI

スポンサーリンク
車載ネットワーク

車載ネットワーク バックナンバー

主に車載ネットワークのEhternet関連についての記事。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その18【IPフラグメント①】

BLFのEthernetFrameを分解してみた。 UDPだった。 データ長がEthernetFrameの最大長を超えていた。 つまり、IPフラグメント仕様が使われている。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その17【EthernetFrame⑤】

ユニキャスト、マルチキャスト、ブロードキャストのまとめ。 ノードで見た場合。 MACアドレスで見た場合。 IPアドレスで見た場合。
スポンサーリンク
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その16【EthernetFrame④】

マルチキャストはMACアドレスでグループが確定する。 ただし、MACアドレスはSocketLibrary等で制御できないため、IPアドレスとの紐づけルールが存在。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その15【EthernetFrame③】

IPアドレスは、サブネットマスクでネットワーク部とホスト部に分かれる。 ブロードキャストアドレスは2種類存在。 リミテッドブロードキャストアドレス。 ディレクティッドブロードキャストアドレス。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その14【EthernetFrame②】

Ethernetフレーム説明。 IPヘッダ説明。 ブロードキャスト、マルチキャストを理解するには上記二つの理解が重要。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その13【EthernetFrame①】

3つの通信方式を説明。 ユニキャスト。 ブロードキャスト。 マルチキャスト。 ブロードキャストとマルチキャストは似て非なるもの。 ブロードキャストは同一ネットワーク。 マルチキャストは同一グループ。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その12【BLFファイル⑫】

BLFをフレーム単位にテキスト出力した。 CANフレーム解説。 Ethernetフレーム解説。 Ethernetフレームはマルチキャストになっている。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その11【BLFファイル⑪】

zlib解凍済みBLFをCANフレーム、Ethernetフレーム単位に分解するPythonコードを書いた。 mObjectType:0x56 → CANフレーム。 mObjectType:0x78 → Ethernetフレーム。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その⑩【BLFファイル⑩】

zlib解凍済みBLFをバイナリエディタで覗いて各フレームを抽出。 CANフレーム抽出。 Ethernetフレームを抽出。 mObjectTypeと仕様書上のオブジェクト構成はオブジェクトヘッダのサイズから雰囲気で特定。 フレーム抽出&テキスト化のプログラミング言語はPythonを使用予定。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました