2022-03

スポンサーリンク
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その297【AsamMdf⑰】

MDF validatorで作成したMDFの構造を確認。 DataGroup、ChannelGroupは想定通りの構成。 物理変換式もMDFに埋まっているので、同じく確認。 linear、algebraicを確認。 パラメータや式文字列が埋まっていることも確認。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その296【AsamMdf⑯】

MDFの全体構造を作るにはMDFクラスのインスタンス(MDFモジュール)が必要。 MDFモジュールにDataGroupを登録することでMDFとしてのデータ構造が完成する。 データ構造が完成しているMDFモジュールのsaveメソッドを呼び出すことで保存可能。 上書きオプションがあるのでお好みで利用。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その295【AsamMdf⑮】

前回までだとシグナルが存在しているだけでMDFのデータ構造にはなっていない。 今回はDataGroupに各種シグナルを登録することでMDFのデータ構造と同等の形となる。 DataGroupの下位にChannelGroupがあるが、AsamMdfとしてはSorted想定のため複数登録はできなそう。
スポンサーリンク
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その294【AsamMdf⑭】

シグナル生成の10msサンプリングと100msサンプリングの部分のコード作成。 10msサンプリングの方に複雑さが寄ってる状態。 各種物理値変換式のパターンを入れ込んでいるため。 100msサンプリングはDataGroupを複数にするために入れている。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その293【AsamMdf⑬】

MDFの各種物理変換仕様をやったので、折角なのでそれらもMDF生成実験に組み込む。 具体的には以下の変換パターンを構成に追加。 tabular。 tabular with interpolation。 value to text。 tabular with range。 value range to text。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その292【AsamMdf⑫】

MDF conversion仕様 value range to textを説明。 value to textの入力側が範囲指定できる。 value to textとtabular with rangeを合わせたような仕様。 tabular with rangeの出力側のphys_がtext_になった感じ。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その291【AsamMdf⑪】

MDF conversion仕様 tabular with rangeについて説明。tabular仕様とにているが、入力側をレンジ指定できる。tabular with range仕様ではdefault caseの値設定が必須。レンジ外の場合はこの値が採用される。この部分がtabular仕様の振る舞いとの大きな差。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その290【AsamMdf⑩】

MDF conversion仕様 value to textについて説明。 利用シーンとしては状態名の表示。 シフトなどが代表的。 AsamMdfでのvalue to textの設定方法について説明。 辞書型に対してval_、text_のテーブルを設定。 指定外の数値だとdefault caseになる。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その289【AsamMdf⑨】

MDF conversion仕様のtabularについて説明。 一言で言うとテーブル変換。 tabularには線形補間に関連する仕様がある。 with interpolation仕様。 指定した点の間を線形補間。 without interpolation仕様。 線形補間はしないが中点を境に変換範囲を推定。
事例

【Python】最小構成のMBD事例 第2章 その288【AsamMdf⑧】

MDFのrationalの変換式は制限付き有理関数。 有理関数はxの多項式が分母分子に来るもの。 MDFの場合は分母分子が2次までの有理関数を想定している。 rationalには有理関数の6個の係数を指定するだけでOK。 P1~P6をKeyとして、それぞれの係数をValueと置く。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました