【ディープラーニングG検定対策】ディープラーニングの応用に向けて

G検定
スポンサーリンク

はじめに

G検定シラバス「ディープラーニングの応用に向けて」の範囲の対策。
難易度は超高。過去問、問題集ではほぼ歯が立たない。
AI白書や時事ネタを収集しておく必要がある。

ディープラーニングの産業への応用

自動運転のレベル。(SAE J3016で定義されている。)

0ドライバーがすべて操作 
1システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート(運転支援)完成車メーカはここからスタート
2システムがステアリング操作、加減速の両方をサポート(運転支援) 
3特定の場所でシステムがすべてを操作、緊急時はドライバが操作(自動運転)Google傘下のWaymoはここからスタート
4特定の場所でシステムがすべてを操作(自動運転) 
5場所の限定なくシステムがすべてを操作(完全自動運転) 
  • DARPA(国防高等研究計画局)
    • 次世代AI開発を行う「AIネクスト(AI Next)」キャンペーンを開始し、新規・既存プログラムに対し、複数年に亘って総額20億ドル超を助成
  • DARQ
    • アクセンチュア年次レポートで記載。
    • ブロックチェーン、人工知能、拡張強化現実、量子コンピュータの頭文字。

ディープラーニングの法律、倫理、現行の議論

  • Adversarial Examples
    • 微小なノイズを入れ、人間には差が湧かなくともAIに対して誤認識させてしまう事象
  • 不正競争防止法
    • AIやデータの保護
      • 生データ
      • データの取得方法、作成方法、加工方法、解析方法についてのノウハウ
      • 学習用データセット
      • AIのプログラム
      • ニューラルネットワークの構造
      • 学習済みパラメータ
      • 学習済みモデル(派生モデルも含む)
      • 学習方法のノウハウ
  • AAAI(Association for the Advancement of Artificial Intelligence:アメリカ人工知能学会)
    • AI技術を主題とする国際的な非営利の学術団体。「思考と知性の根底にある機構を科学的に解明し、機械でそれを実現する」ことを使命とする。
  • 道路交通法改正
    • ながらスマホをレベル3以上で条件付きで認可
    • 2019年10月 自動運転新車「65秒以上手を離す」と手動切り替え義務化

まとめ

この領域はその時々の時事ネタであることが多い。
普段から情報収集をしておく必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました