スポンサーリンク
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その47【UDS⑦】

USDシミュレーションの全体構成発表。 A-COMSTACKはAUTOSAR r3.x系でOpenSARはAUTOSAR r4.x系。 よって、違法建築。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その46【UDS⑥】

ISO14229に対応するAUTOSAR-BSWはDCM。 A-COMSTACKにはDCMは含まれていない。 OpenSARという別のオープンソースAUTOSARがあり、それにはDCMが含まれている。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その45【UDS⑤】

Routineの説明。 主に開発時に使用するような機能で利用される。 Upload/Downloadの説明。 データ転送用で圧縮と暗号化も出来るサービス群。
スポンサーリンク
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その44【UDS④】

Stored Data Transmissionの説明。 DTC及びフリーズデータの取得とクリア。 Input/Output Controlの説明。 ECUのI/O制御。 便利な反面、車両状態によっては危険なこともあるので、セーフティ機能含めて考える必要があるサービス。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その43【UDS③】

診断サービスは6つの機能単位というカテゴリに分類される。 Diagnostic and Communications Managementの説明。 セッション、セキュリティ、通信制御。 Data Transmissionの説明。 メモリアドレス、DIDによるデータの読み書き。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その42【UDS②】

P2時間について図解説明。 P2*タイムアウトは追々説明。 S3時間について図解説明。 セッションについては追々説明。 各種サービスを知らないと難しい。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その41【UDS①】

故障診断通信レイヤの復習。 レスポンスメッセージタイムアウトパラメータはP2時間。 セッションタイムアウトパラメータはS3時間。
車両診断通信

【CanTp】車両診断通信 その40【シミュレーション㉗】

FC(FlowControl)のBS(BlockSize)パラメータを弄ったシミュレーション実施。 シリーズのまとめ。 CANoeとPythonの共存したテスト環境とか便利かもしれない。
車両診断通信

【CanTp】車両診断通信 その39【シミュレーション㉖】

シミュレーション構成の復習。 疑似ECU側のコード扱い。 現状は非公開で勘弁してね。 SF-SF,SF-MF,MF-MFの通信ログ確認。
車両診断通信

【CanTp】車両診断通信 その38【シミュレーション㉕】

Python can-isotpのリクエスト用スクリプトを修正。 一応ISO14229-1に準拠したリクエストにしている。 AUTOSAR-CanTp側も実装。 こちらもSO14229-1に準拠したレスポンスにしている。 一身上の都合でコードは未公開。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました