数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その113【最適化アルゴリズム⑫】

Adamだけで出てくる分類結果を確認。 四角形で分類する理想的な形状。 この分類結果になる場合は、誤差関数の値が一気に跳ね上がる時。 これにより大域最適解を引き当てやすくなる。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その112【最適化アルゴリズム⑪】

ニューラルネットワークの最適化アルゴリズムAdamをJuliaにて確認。 学習率を0.001にしている都合、収束までは時間がかかる。 勾配降下法、モーメンタムでは見れなかった分類パターンが拾えた。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その111【最適化アルゴリズム⑩】

ニューラルネットワークの最適化アルゴリズムAdamをScilabにて確認。 学習率を0.001にしている都合、収束までは時間がかかる。 勾配降下法、モーメンタムでは見れなかった分類パターンが拾えた。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その110【最適化アルゴリズム⑨】

ニューラルネットワークの最適化アルゴリズムAdamをPythonにて確認。 学習率を0.001にしている都合、収束までは時間がかかる。 勾配降下法、モーメンタムでは見れなかった分類パターンが拾えた。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その109【最適化アルゴリズム⑧】

ニューラルネットワークの最適化アルゴリズムAdamをMATLABにて確認。 学習率を0.001にしている都合、収束までは時間がかかる。 勾配降下法、モーメンタムでは見れなかった分類パターンが拾えた。
数値計算

【入門】最適化アルゴリズム③【数値計算】

各最適化アルゴリズムの依存関係を記載。 1次の勾配で勢いをつけて、2次の勾配で抑制するというのが全体を通しての共通点。 Adamの更新式を実現するためのプログラムフローを記載。 学習率は0.001とかなり小さめの値に設定。 これにより収束は遅くなる。 かわりに特殊な最適解が得られるのでそれを確認する。
数値計算

【入門】最適化アルゴリズム②【数値計算】

AdaDeltaについて説明。 RMSpropの拡張版に当たる。 最適化アルゴリズムAdamについて説明。 モーメンタムとRMSpropの合わせ技。 1次の勾配と、2次の勾配の指数移動平均を使用する。
数値計算

【入門】最適化アルゴリズム①【数値計算】

もう一個試す予定の最適化アルゴリズムAdamへ至る系譜を説明予定。 AdaGradについて説明。 更新式をモーメンタムと比較。 RMSpropについて説明。 AdaGradの完了版であるため、AdaGradと更新式を比較。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その108【最適化アルゴリズム⑦】

Adamの更新式を実現するためのプログラムフローを記載。 モーメンタムの部分をAdamに差し替えただけ。 学習率は0.001とかなり小さめの値に設定。 これにより収束は遅くなる。 かわりに特殊な最適解が得られるのでそれを確認する。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その107【最適化アルゴリズム⑥】

各最適化アルゴリズムの依存関係を記載。 1次の勾配で勢いをつけて、2次の勾配で抑制するというのが全体を通しての共通点。 Adamが1次の勾配と2次の勾配を合わせたアルゴリズムとなる。