Python

スポンサーリンク
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その8【BLFファイル⑧】

BLFのオブジェクト抽出とzlib解凍のPythonコードを書いた。 オブジェクト抽出に起因するコードが支配的。 zlib解凍後のファイルも解析が必要。
車載ネットワーク

【Ethernet】車載ネットワーク その7【BLFファイル⑦】

BLF解凍用の言語はPythonを採用 zlibとか配列の制御が楽ちん。 zlib解凍後のデータはまだ全貌がつかめていないので、改めて再調査予定。
車両診断通信

【たぶん最終回】車両診断通信 その100【振り返り】

たぶん最終回。 簡単に振り返りをやってみる。 車両診断通信はユースケースが多岐に分かれるという特性上話もその分広くなる。 反面。XCPなどは開発に特化している。 本シリーズは一旦終了。
スポンサーリンク
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その99【AUTOSAR③】

AUTOSARでのCAN-FDのシミュレーションの実施と結果。 AUTOSAR-Dcmのシミュレーション実施。 メッセージ最大長が変わるくらいで基本は同じ。 AUTOSAR-CanTpのシミュレーション実施。 リクエスト、レスポンスともにCAN-FDのルールに則った振る舞いをしていた。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その98【AUTOSAR②】

AUTOSARでのCAN-FDのシミュレーションに向けて。 AUTOSAR-CanTpとAUTOSAR-Dcmのコンフィグレーションを修正。 AUTOSAR-CanTpのコンフィグレーションをCAN-FD用に修正。 AUTOSAR-DcmのコンフィグレーションをCAN-FD用に修正。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その97【AUTOSAR①】

AUTOSAR-CanTpとAUTOSAR-DcmのCAN-FDシミュレーションは一括でやってしまう方針。 CanTpをr4.xのA-ComStackを使用していたのはCAN-FDに対応するため。(伏線回収!) シミュレーション構成はCANの時と全く一緒。 レイヤードアーキテクチャの恩恵。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その96【ISO-TP③】

can-isotpでCAN-FDのシミュレーション結果。 CAN回線ログとった。 SingleFrameの確認。 7byte以下のSingleFrame。 8byte以上のSingleFrame。 FirstFrameの確認。 4095byte以下のFirstFrame。 4096byte以上のFirstFrame。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その95【ISO-TP②】

can-isotpでCAN-FDのシミュレーションに向けて。 送受信するPythonコードを書く。 リクエスト用のPythonコード書いた。 8byte以上のSingleFrame。 4096以上のMultiFrame。 レスポンス用のPythonコード書いた。 max_frame_sizeパラメータを弄って受信できるサイズを拡張した。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その94【ISO-TP①】

can-isotpでCAN-FDのシミュレーションに向けて。 シミュレーション構成とCAN-FDになった場合のフレーム構成の変化について。 can-isotpでもたぶんCAN-FDはできる。 拡張SingleFrameと拡張FirstFrameの構成を学んだ。
車両診断通信

【CAN-FD】車両診断通信 その93【python-can⑥】

python-canでCAN-FDのシミュレーション。 今回はCAN-FD用のPythonコードを動作させる。 シミュレーション構成復習。 CAN-FDの送受信のシミュレーション実施。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました