Python

スポンサーリンク
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較【バックナンバー】

はじめに MATLAB,Python,Scilab,Julia比較するシリーズ。 といっても基本はベクトル行列ベースの演算に留め、各環境独自の機能はあまり使わない方針。あくまでベクトル&行列でどこまでできて、ベクトル&行列に留...
数値計算

【入門】Python状態空間モデル(運動方程式)【数値計算】

Pythonで状態空間モデルを扱うには、controlライブラリのmatlabモジュールが必要。 仕様的にはMATLABのControl System Toolboxを踏襲している。 ss関数に各行列を渡し、システムオブジェクトを取得。 lsimに入力のstep信号をシステムオブジェクトを渡してシミュレーション。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その50【状態空間モデル⑧】

Pythonで状態空間モデルを扱うには、controlライブラリのmatlabモジュールが必要。 仕様的にはMATLABのControl System Toolboxを踏襲している。 ss関数に各行列を渡し、システムオブジェクトを取得。 lsimに入力のstep信号をシステムオブジェクトを渡してシミュレーション。
スポンサーリンク
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その40【波形表示方法②】

pythonで波形表示する場合はmatplotlibを使用する。 matplotlibはMATLAB仕様に合わせこんでくれている。 マーカに関しては、MATLABにはない指定子もある。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その36【ユーザ関数②】

Pythonの場合のユーザ関数作成方法。 対話モードで作成する場合とスクリプトファイル上で作成する場合がある。 が、実際は対話モード時のルールが共通で適用されてるだけ。 他のスクリプトファイルで定義した場合はimportを使用。 エイリアスで名称変更可能。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その32【行列演算⑮】

Python(Numpy)での基本的な行列演算を確認。 内積は「@」 「*」だとアダマール積になるので注意 それ以外にも0オリジンだったり、終端指定が-1だったりとクセが違う。 右除算もできるように見せかけて、実は逆行列とのアダマール積なので目的としたものとは異なる。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その16【基本的な使い方⑥】

Python(Numpy)でスライシングを実施。 0オリジンのためMATLABと設定する数値が異なる。 加えて、区間演算子の終端は範囲に指定範囲には含まれない点に注意。 Scilabでスライシング。 MATLABと同一。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その12【基本的な使い方②】

Python(Numpy)とScilabの基本的な使い方。 Python(Numpy)は以前から使っている物なので手馴れたもん。 ScilabはMATLABと同一の記載方法でいける。 ただし、コメントアウトが「%」じゃなくて「//」 ここも一緒だと楽だったが・・・。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その3【概要編③】

Pythonの概要。 PythonというかNumpyがベクトル、行列に強い。 for文で回すよりベクトル、行列として演算させた方が圧倒的に速くなることは多い。 Python自体は無料と思って良いが、パッケージ別にライセンスが規定されてるので要注意。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 その1【概要編①】

ベクトル、行列良く分からん。 単なる表現ルールではあるが、そのルールがわからん。 学生時代は大量の手計算をさせられた記憶がフラッシュバック。 今の時代はツール使えば計算は一撃。 MATLAB,Python,Scilab,Julia並行でいろいろやるプランを考える。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました