Scilab

Scilab関連のタグページ。

Scilab(サイラボ)とは、1990年からフランスのINRIA(Institut National de Recherche en Informatique et en Automatique、国立情報学自動制御研究所)とENPCで開発されているオープンソースの数値計算システムである。2003年5月にScilabコンソーシアムが組織されて以降は、INRIAによって開発されていたが、2010年6月に公式発行元としてScilab Enterprises社が設立され、2012年7月からは完全に開発・発行を担当するようになった。さらに、2017年2月、バーチャルプロトタイピングの先駆者として知られるESIグループはScilab Enterprises社を買収すると発表し、Scilab Enterprises社はその傘下に入った。
数値計算機能以外に、信号処理、行列や多項式の数式処理、 関数のグラフィック表示なども充実している。機能やコマンドは、MATLABクローンと呼ばれるソフト群の中でも特にMATLABによく似ているが、互換性はない。
Scilab 5以降は英語、フランス語、中国語等に対応している。動的システムのモデリングとシミュレーションを行うためのScicos(英語版、フランス語版)と呼ばれるパッケージを含んでいる。
Scilab 5.2以降は日本語を含む多言語に対応し、Scicosに代わりXcosが含まれるようになった。

MATLABが結構良いお値段がするので、「自宅で実験する場合はScilabで」ということも多い。

数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章【バックナンバー】

はじめに MATLAB,Python,Scilab,Julia比較するシリーズの第4章。 第3章では画像処理、座標変換の話がメインだった。 第4章は分類問題関連の話がメインとなる。基本的には以下の流れとなる。 形式ニューロン 決定境界線の安...
数値計算

【入門】勾配降下法(Scilab)【数値計算】

勾配降下法の実験をScilabで実施。 予想通り局所最適解に陥った。 局所最適解の回避方法としては学習率を状況に応じて変更する様々は最適化アルゴリズムがある。 モーメンタム、AdaGrad、Adamなどなど。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その48【勾配降下法⑥】

勾配降下法の実験をScilabで実施。 予想通り局所最適解に陥った。 局所最適解の回避方法としては学習率を状況に応じて変更する様々は最適化アルゴリズムがある。 モーメンタム、AdaGrad、Adamなどなど。
数値計算

【入門】シグモイド関数の導関数(Scilab)【数値計算】

シグモイド関数、シグモイド関数の導関数、シグモイド関数のオイラー法での微分をScilabで算出。 グラフで比較し、導出した導関数は正しいと言える結果となった。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その35【連鎖律の前準備⑨】

シグモイド関数、シグモイド関数の導関数、シグモイド関数のオイラー法での微分をScilabで算出。 グラフで比較し、導出した導関数は正しいと言える結果となった。
数値計算

【入門】シグモイドによる決定境界安定化(Scilab)【数値計算】

活性化関数をシグモイド関数にした形式ニューロンをScilabで実現。 結果はカスタムヘヴィサイドの時と一緒。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その25【シグモイドによる決定境界安定化⑤】

活性化関数をシグモイド関数にした形式ニューロンをScilabで実現。 結果はカスタムヘヴィサイドの時と一緒。
数値計算

【入門】決定境界直線の安定化(Scilab)【数値計算】

形式ニューロンの活性化関数をカスタムヘヴィサイド(造語)関数にしたものをScilabで作成。 おおよそMATLABと同じコード。 毎度おなじみのグラフ表示部分に差が出る。
数値計算

MATLAB,Python,Scilab,Julia比較 第4章 その19【決定境界直線の安定化⑥】

形式ニューロンの活性化関数をカスタムヘヴィサイド(造語)関数にしたものをScilabで作成。 おおよそMATLABと同じコード。 毎度おなじみのグラフ表示部分に差が出る。
数値計算

【入門】形式ニューロン(Scilab)【数値計算】

形式ニューロンをScilabで実現。 ANDの真理値表と同じ結果が得らえれた。 そして、決定境界線はギリギリな感じはMATLABのときと一緒。