エンジン制御概要 噴射制御全体のデータフロー

エンジン
スポンサーリンク

はじめに

エンジンの噴射制御全体のデータフローを記載する。(故障診断機関連情報からの推測)
大まかには以下に分かれる。

  • フューエルカット判定
  • 基本目標噴射量算出
  • 噴射補正の算出
  • 噴射量算出
  • 噴射時間算出

全体構成

エンジンにおいての燃料噴射量を算出する基本構成を示す。

フューエルカット判定

基本は減速フューエルカットであり、他の判定はエンジン保護用となる。

  • 減速フューエルカット
  • 高回転フューエルカット(レブリミッター)
  • 高速フューエルカット(スピードリミッター)
  • 高圧フューエルカット

基本目標噴射量算出

ベースとなる噴射量を決定する。
ほぼ吸気流量が支配的となる。

噴射補正の算出

基本目標噴射量に対して各条件により補正をかける。

予測される全体像

各センサ系、制御系、プラント系をブロック図で表現すると下記のようになる。

まとめ

補正やフューエルカットなどの特殊動作を無視すると

  • 空気流量
  • エンジン回転数

が支配的であり、吸気流量はスロットル制御に大きく左右される。

補正は以下がメインとなる。

  • 全領域空燃比センサ、O2センサによる空燃比補正
  • 水温による温度補正

特に全領域空燃比センサ、O2センサによるフィードバックは法規、外部診断機要求にかなり密接な情報となる。

よって、注目するセンサは以下とする。

  • O2センサ
  • クランク角センサ
  • MAF(吸気流量センサ)
  • スロットルポジションセンサ

そして、注目するアクチュエータは当然インジェクタとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました