2020-04

スポンサーリンク
Python

【入門】Pythonの画像処理概要【数値計算】

Pythonによる画像処理。読み込み、書き込み、カメラキャプチャ等。 OpenCVを使用することで、画像を行列データとして取得できる。 これにより画像処理がし易くなり、CNNの畳み込み、プーリング等も実施し易くなる。
AI

【Python】LSTMによる株価予測【Chainer】

RNNの拡張版であるLSTMを利用した株価予測に挑戦した時の記録を紹介。LSTMの特性が良くわかる。日経平均株価情報の取得方法も記載。Pythonのソースコード(実装)も貼っているのでとりあえず動かしてみるのもあり。LSTMが得意な波形、苦手な波形。苦手な波形をどうしたら得意な波形にできるか。
scilab

【入門】Scilabの伝達関数使用方法【数値計算】

Scilabに於ける伝達関数使用方法。ここでは一次遅れ系について記載。 PythonではMATLABのControl System Toolboxとの互換が見れたが、Scilabはそれらとは異なる使用方法となる。poly多項式を定義。syslin線形システムを定義。csim線形システムのシミュレーション (時間応答)
スポンサーリンク
Python

【入門】Pythonの伝達関数使用方法【数値計算】

Pythonに於ける伝達関数使用方法。ここでは一次遅れ系について記載。 controlパッケージを用いることでMATLABのcontrol sysytem toolboxに近いことが出来る。 伝達関数。 周波数応答。 安定判別。 時間応答。 PID制御。
MATLAB/Simulink

【MATLAB】LAF(全領域空燃比)センサ特性同定【最小二乗法】

LAF(全領域空燃比)センサの特性をMATLAB用いて同定。同定手法は最乗二乗法で関数モデルは2次関数。2次関数一つでは同定しきれないので、4区間に分割して同定する。Pythonではpoly1dで多項式オブジェクトを生成していたが、MATLABではpolyvarで直接プロット用データを取得する。
scilab

【入門】Scilabの波形表示方法【数値計算】

Scilabに於ける、波形表示方法。色の変更、線種に変更、マーカの変更ができる。 プロットとそれを結ぶ線の指定により波形表示される。 プロットの種類や線の色を変えることができるので、見やすい構成を考えて描画しよう。
Python

【入門】Pythonの波形表示方法【数値計算】

PythonのMatplotlibに於ける、波形表示方法。色の変更、線種に変更、マーカの変更ができる。 プロットとそれを結ぶ線の指定により波形表示される。 プロットの種類や線の色を変えることができるので、見やすい構成を考えて描画しよう。
MATLAB/Simulink

【入門】MATLABの波形表示方法【数値計算】

MATLABに於ける、波形表示方法。色の変更、線種に変更、マーカの変更ができる。 プロットとそれを結ぶ線の指定により波形表示される。 プロットの種類や線の色を変えることができるので、見やすい構成を考えて描画しよう。
Python

【Python】LAF(全領域空燃比)センサ特性同定【最小二乗法】

LAF(全領域空燃比)センサ特性に合わせて、Pythonを用いた最小二乗法による同定。 何かしらの関数で同定できないか検討してみるのも良い。 2次関数を複数の区間で定義することで実現。大雑把な切り分けは人間の方が得意。 細かい調整や大量の演算は機械が得意。 機械と人間の共創が最大効率への道。
scilab

【入門】Scilabのユーザ関数作成方法【数値計算】

Scilabに於けるユーザ関数の作成方法。複数の引数、複数の戻り値が設定できる。 MATLABと異なり、関数名とファイル名が同一である必要はない。 MATLAB、Pythonとはファイル定義のメカニズムが異なり、sciをexecで実行することでワークスペースに動的に関数を定義するメカニズムとなる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました