【Ethernet】車載ネットワーク その11【BLFファイル⑪】

車載ネットワーク

バックナンバーはこちら。

スポンサーリンク

はじめに

zlib解凍ずみBLFをフレーム単位に分割してテキスト出力するPythonコード作成。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

zlib解凍ずみBLFをCANフレームとEthernetフレームに分解するPythonコード

フクさん
フクさん

これが作ってきたPythonコードだー!

import sys

def blf_purse_can(data):
   txt = ''
   mObjectTimeStamp = data[24] + data[25]*0x100 + data[26]*0x10000 + data[27]*0x1000000
   mDlc = data[35]
   mID = data[36] + data[37]*0x100 + data[38]*0x10000 + data[39]**0x1000000
   mData = data[40:48]
   
   txt += 'Time:'+ str.format('%.9f' % (mObjectTimeStamp*0.000000001) ) + ', '
   txt += 'CAN:' + str.format('%08X' % (mID) ) + ', '
   txt += 'DLC:' + str(mDlc) + ','
   
   txt += 'Data: '
   for d in mData:
      txt += str.format('%02X' % (d) ) + ' '
   txt += '\n'
   
   return txt

def blf_purse_ethernet(data):
   txt = ''
   mObjectTimeStamp = data[24] + data[25]*0x100 + data[26]*0x10000 + data[27]*0x1000000
   mHardwareChannel = data[38] + data[39]*0x100
   mFramelength = data[54] + data[55]*0x100
   mData = data[64:64+mFramelength]
   
   txt += 'Time:' + str.format('%.9f' % (mObjectTimeStamp*0.000000001) ) + ', '
   txt += 'ETH:' + str.format('%08X' % (mHardwareChannel) ) + ', '
   txt += 'LEN:' + str(mFramelength) + ', '
   
   txt += 'Data: '
   for d in mData:
      txt += str.format('%02X' % (d) ) + ' '
   txt += '\n'
   
   return txt

def blf_purse(inputBIN, outputTXT):
   # BINの全データ取得
   f = open(inputBIN, 'rb')
   bin_data = f.read()
   f.close()
   
   filesize = len(bin_data)
   print('filesize=%x' % (filesize))
   # 解凍済みデータ保存先ファイル
   f2 = open(outputTXT, 'w')
   
   offset = 0;
   cnt = 0;
   
   while True:
      if offset >= filesize:
         break;
      
      txt = ''
      
      # オブジェクトサイズ取得
      obj_size = bin_data[offset+8] + bin_data[offset+9]*0x100 + bin_data[offset+10]*0x10000 + bin_data[offset+11]*0x1000000
      # オブジェクトタイプチェック
      mObjectType = bin_data[offset+0x0C] +  bin_data[offset+0x0D]*0x100 +  bin_data[offset+0x0E]*0x10000 +  bin_data[offset+0x0F]*0x1000000
      
      if mObjectType == 0x56:
         # CAN
         #print('can offset=%x' % (offset))
         txt = blf_purse_can(bin_data[offset:offset+obj_size])
         
      elif mObjectType == 0x78:
         # Ethernet
         #print('Ethernet offset=%x' % (offset))
         txt = blf_purse_ethernet(bin_data[offset:offset+obj_size])
         
      f2.write(txt)
      
      offset += obj_size
      
      if offset+4 >= filesize:
         break;

      i = 0
      while True:
         tmp = str.format( "%c%c%c%c" % (bin_data[offset + i + 0], bin_data[offset + i + 1], bin_data[offset + i + 2], bin_data[offset + i + 3]) )
         if tmp == 'LOBJ':
            break
         elif i >= 4:
            print('LOBJ not found!')
            exit()
            break
         else:
            i += 1
      
      offset += i
      
      # 経過表示用
      if cnt % 10000 == 0:
         print(offset)
      cnt += 1
      
   f2.close()


if __name__=='__main__':
   inputBIN = 'test.bin'
   outputTXT = 'test.txt'

   args = sys.argv
   
   # コマンドライン引数がある場合は、引数優先
   if len(args) >= 3:
      inputBIN = args[1]
      outputTXT = args[2]
   
   print("BIN=%s,TXT=%s" % (inputBIN,outputTXT))
   
   blf_purse(inputBIN, outputTXT)

スポンサーリンク

使い方

フクさん
フクさん

使い方は以下。

> python blf_purse [BLF_unzlibしたファイル名] [出力テキストファイル名]
フクさん
フクさん

引数無しのデフォルトでは
text.binを読んで、text.txtを出力する。

スポンサーリンク

Pythonコード説明

太郎くん
太郎くん

これも思ったよりも規模大きいなぁ。

太郎くん
太郎くん

まぁなんとなくわかるか。

mObjectTypeが0x56の時はCANフレーム。
mObjectTypeが0x78の時はEthernetフレーム。
という感じで分類して、それぞれのテキスト化をしている感じかな。

太郎くん
太郎くん

ちなみに、これでうまく分解できた感じなの?

フクさん
フクさん

うん。
とりあえず、全部展開は出来た。
次回は、その展開したテキストファイルを説明する感じ。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • zlib解凍済みBLFをCANフレーム、Ethernetフレーム単位に分解するPythonコードを書いた。
    • mObjectType:0x56 → CANフレーム。
    • mObjectType:0x78 → Ethernetフレーム。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました