Dcm

スポンサーリンク
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その51【UDS⑪】

ISO14229ことUDSの話。 P2時間とP2*時間について P2時間の復習。 P2時間は1秒 P2*時間の説明 P2*時間は5秒。 オフボードテスタはNRC$78を受信するとP2時間からP2*時間に切り替わる。 オフボードテスタは再度NRC$78を受信すると、そこからP2*時間分延長。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その50【UDS⑩】

PositiveResponseの説明。 Response SIDはRequest SIDに0x40とORを取ったものをセットする。 NegativeResponseの説明。 0x7F 0x10 0x12のような感じ。 ResponsePendingのような特殊なものは次回説明。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その49【UDS⑨】

DiagnosticSessionControlのISOで定義されているセッションについて説明 DiagnosticSessionControlのリクエストメッセージ。 DiagnosticSessionControlのレスポンスメッセージ 該当セッションのP2時間とP2*時間が取得できる。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その48【UDS⑧】

UDSシミュレーションで実現するサービスは5つ DiagnosticSessionControl。 SecurityAccess。 TesterPresent。 ReadDataByIdentifier。 WriteDataByIdentifier。 リスクストメッセージとレスポンスメッセージの説明の際はCANフレームまでの落とし込みはしない。 あくまでISO14229-1のレイヤのみでISO15765-2のレイヤの話はしない。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その47【UDS⑦】

ISO14229ことUDSの話。 UDSのシミュレーション全体構成について。 USDシミュレーションの全体構成発表。 A-COMSTACKはAUTOSAR r3.x系でOpenSARはAUTOSAR r4.x系。 よって、違法建築。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その46【UDS⑥】

ISO14229ことUDSの話。 A-COMSTACKとは別のオープンソースなAUTOSARについて。 ISO14229に対応するAUTOSAR-BSWはDCM。 A-COMSTACKにはDCMは含まれていない。 OpenSARという別のオープンソースAUTOSARがあり、それにはDCMが含まれている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました