ISO14229

スポンサーリンク
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その82【シミュレーション⑳】

ReadDataByIdentifierのシミュレーションの結果を確認。 メッセージレベルの確認。 CAN回線レベルの確認。 マルチDID仕様が厄介 存在しないDIDのリクエストはエラー。 しかし、マルチDIDで存在するDIDがあればエラーにはならない。 DIDが存在していればエラーにはならない。 しかし、レスポンスメッセージ長都合でエラーになることもある。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その81【シミュレーション⑲】

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。 ReadDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード書いた。 ReadDataByIdentifierのマルチDIDに関連したテストパターンメイン。 マルチDID。 未サポートDIDを混ぜる。 レスポンスメッセージ長が最大値を超えるようなDID指定。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その80【シミュレーション⑱】

TesterPresentsのシミュレーションの結果を確認。 メッセージレベルの確認。 CAN回線レベルの確認。 suppressPosRspMsgIndicationBitありのTesterPresentsはAUTOSAR-Dcm仕様としては特別扱い。 DslでS3時間延長をしたあとはメッセージ破棄して、Dsd、Dspには渡さない。 ISO14229-1と異なる結果になるが、実用性の方を重視されている。
スポンサーリンク
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その79【シミュレーション⑰】

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。 TesterPresentsのシミュレーション用のPythonコード書いた。 TesterPresentsの主目的から考えて、SessionControl、SecurityAccessも実施する。 S3タイムアウト抑制が主目的。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その78【シミュレーション⑯】

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。 SecurityAccessのシミュレーションの結果を確認。 メッセージレベルの確認。 CAN回線レベルの確認。 SecurityAccessはセッション状態、セキュリティ状態によって挙動が変わる。 セッション状態に紐づく形でS3タイムアウトにも依存する。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その77【シミュレーション⑮】

SecurityAccessのシミュレーション用のPythonコード書いた。 SecurityAccessの動作確認はいろいろありすぎる。 サポートセッション。 シーケンス。 セキュリティアンロック状態のSeed。 セッション遷移に伴うロック状態への遷移。 S3タイムアウトに伴うセッション遷移。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その76【シミュレーション⑭】

DiagnosticSessionControlのシミュレーションの結果を確認 メッセージレベルの確認。 CAN回線レベルの確認。 NegativeResponseはDcmで自動判定して返すものと独自にコードを追加して返すものがある。 メッセージ長やパラメータ異常は自動判定。 車両状態による拒否は独自コード。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その75【シミュレーション⑬】

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。 DiagnosticSessionControlのシミュレーション用のPythonコード書いた。 通信パターンにはエラーパターンも含めた。 存在しないセッション。 DiagnosticSessionControlリクエストとしては間違ったメッセージ長。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その74【シミュレーション⑫】

AUTOSAR Dcmシミュレーション構成の復習 オブボードテスタ側のPythonコードは今まで使ったやつを使いまわし 必要に応じて修正は入れる。 シミュレーションを試す順番は以下。 DiagnosticSessionControl。 SecurityAccess。 TesterPresent。 ReadDataByIdentifier。 WriteDataByIdentifier。
車両診断通信

【Dcm】車両診断通信 その73【シミュレーション⑪】

AUTOSAR-Dcmのコンフィグレーションの話。 Dspのコンフィグレーションコードについて。 Dspのコンフィグレーションコードを書いた。 大部分はセキュリティ、セッションの定義とDIDとの紐づけ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました