【Dcm】車両診断通信 その83【シミュレーション㉑】

車両診断通信

バックナンバーはこちら。

スポンサーリンク

はじめに

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。
WriteDataByIdentifierのシミュレーションのPythonコードについて。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

WriteDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード

フクさん
フクさん

今回はWriteDataByIdentifierサービス。
テスト用のPythonコードはこんなん。

import isotp
import logging
import time
import threading

from can.interfaces.vector import VectorBus

class ThreadedApp:
   def __init__(self):
      isotp_params = {
         'stmin' : 0, 
         'blocksize' : 4,
         'wftmax' : 0,
         'll_data_length' : 8,
         'tx_padding' : 0xCC,
         'rx_flowcontrol_timeout' : 1000,
         'rx_consecutive_frame_timeout' : 1000,
         'squash_stmin_requirement' : False,
         'can_fd' : False,
         'tx_data_min_length' : 8
      }
      self.exit_requested = False
      #self.bus = VectorBus(channel='0', bitrate=500000)
      self.bus = VectorBus(channel='0', bitrate=500000, fd=True)
      addr = isotp.Address(isotp.AddressingMode.NormalFixed_29bits, source_address=0xF1, target_address=0x10) 
      self.stack = isotp.CanStack(self.bus, address=addr, params=isotp_params, error_handler=self.my_error_handler)

   def start(self):
      self.exit_requested = False
      self.thread = threading.Thread(target = self.thread_task)
      self.thread.start()

   def stop(self):
      self.exit_requested = True
      if self.thread.isAlive():
         self.thread.join()
   
   def send(self, msg):
      self.stack.send(msg)
   
   def my_error_handler(self, error):
      logging.warning('IsoTp error happened : %s - %s' % (error.__class__.__name__, str(error)))

   def thread_task(self):
      while self.exit_requested == False:
         self.stack.process()                # Non-blocking
         #time.sleep(self.stack.sleep_time()) # Variable sleep time based on state machine state
         time.sleep(0.001) # Variable sleep time based on state machine state

   def shutdown(self):
      self.stop()
      self.bus.shutdown()

def sendrecv( app, msg ):
   
   if msg[0] == 0x00:
      tsleep = msg[1]*0x100+msg[2]
      tsleep = tsleep / 1000
      print("sleep : %f [ms]" % tsleep)
      time.sleep(tsleep)
   else:
      print("Send msg : %s" % (msg.hex()))
      app.send(msg)
      t1 = time.time()
      p2 = 1.0   # P2時間
      while time.time() - t1 < p2:
         if app.stack.available():
            payload = app.stack.recv()
            print("Recv msg : %s" % (payload.hex()))
            if payload[0] == 0x7F and payload[2] == 0x78:
               t1 = time.time()
               p2 = 5.0    # P2*時間
            else:
               break
         time.sleep(0.001)


if __name__ == '__main__':
   app = ThreadedApp()
   app.start()
   
   datas=[
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x2E, 0x56, 0x78, 0x11, 0x22, 0x33, 0x44]),
      bytes([0x10, 0x03]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x2E, 0x56, 0x78, 0x11, 0x22, 0x33, 0x44]),
      bytes([0x27, 0x13]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x27, 0x14, 0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF]),
      bytes([0x2E, 0x56, 0x78, 0x11, 0x22, 0x33, 0x44]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x2E, 0x56, 0x78, 0x01, 0x02, 0x03, 0x04]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
   ]
   
   #while True:
   for i in range(len(datas)):
      sendrecv(app, datas[i])

   print("Exiting")
   app.shutdown()
スポンサーリンク

WriteDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード解説

フクさん
フクさん

今回はちょっとコードを拡張した。

太郎くん
太郎くん

何がかわったん?

フクさん
フクさん

NRC$78に対応させた。
基本はP2時間でタイムアウトのところ、
NRC$78を受信したら、P2*時間でタイムアウト&タイムアウト時間リセットの処理を追加した感じ。

太郎くん
太郎くん

あー。確かに受信のところでそれっぽい感じに修正されてるね。

フクさん
フクさん

投げてるメッセージの流れはこうなる。
①DID=5678 の値を確認
②DID=5678へ書き込み
③extendDiagnosticSessionへ遷移
④DID=5678 の値を確認(変わっていないことを確認)
⑤DID=5678へ書き込み
⑥Seed要求
⑦DID=5678 の値を確認(変わっていないことを確認)
⑧Key送信
⑨DID=5678へ書き込み
⑩DID=5678 の値を確認(書き換わっていることを確認)
⑪DID=5678へ書き込み
⑫DID=5678 の値を確認(書き換わっていることを確認)

太郎くん
太郎くん

察するに、WriteDataByIdentifierはセッションとセキュリティで保護されているから、
そこら辺の確認がメインって感じかな?

太郎くん
太郎くん

あとは、
ReadDataByIdentifierはWriteDataByIdentifierの反対の読み出しだから、
毎回読み出して、値が変化するかしないかを確認ってところかな。

フクさん
フクさん

おー!大正解!

太郎くん
太郎くん

ふっふっふー。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • WriteDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード書いた。
  • WriteDataByIdentifierはセッションとセキュリティで保護されていることが多いのでそのテストがメイン。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました