ISO14229

スポンサーリンク
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その42【UDS②】

ISO14229ことUDSの話。 今回はセッション層のタイムアウトパラメータの図解説明。 P2時間について図解説明。 P2*タイムアウトは追々説明。 S3時間について図解説明。 セッションについては追々説明。 各種サービスを知らないと難しい。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その41【UDS①】

今回からISO14229ことUDSの話に突入。 故障診断通信レイヤの復習。 レスポンスメッセージタイムアウトパラメータはP2時間。 セッションタイムアウトパラメータはS3時間。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その2【概要②】

車両診断通信のレイヤについて。 車両診断通信のレイヤはOSI参照モデルで表現できる。 ただし、プレゼンテーション層は無い。 車両診断通信には大きく2つの軸がある。 UDSとOBD。 OBDは自動車排出ガス規制から参照されているため、各種パラメータが明確。 UDSは推奨値があるだけで、実際の数値は完成車メーカ依存。
車両診断通信

【DoCAN】車両診断通信 その1【概要①】

自動車には診断通信機能というものが備わっている。 それについて語っていくシリーズもの。 車両診断通信の概要情報はググればOK。 代表的な規格はISO15765-2とISO14229-1。 完成車メーカの方針によっては具体的な要件ではなく、規格番号が要件ということもある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました