【CanTp】車両診断通信 その31【シミュレーション⑱】

車両診断通信

バックナンバーはこちら。

スポンサーリンク

はじめに

ISO-TPのシミュレーションをしよう。のシリーズ。
A-COMSTACKの説明回。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

A-COMSTACKとは

フクさん
フクさん

よし。
そろそろAUTOSAR-CanTpに入ろうか。

太郎くん
太郎くん

そういえば、AUTOSAR-CanTpは何使うの?
これもオープンソースがある感じ?

フクさん
フクさん

まぁオープンソースっぽいけど、
厳密にはオープンソースではないものだね。

太郎くん
太郎くん

なにそれ?
そんなのあるの?

フクさん
フクさん

TOPPERS協会のA-COMSTACKを使用する。

TOPPERS/A-COMSTACK

https://www.toppers.jp/a-comstack.html
TOPPERS Project

ソースコードはこっち

TOPPERSプロジェクト/ダウンロード
TOPPERS Project
太郎くん
太郎くん

あれ?
オープンソースではないって話だったから、ソースコードは無いのかと思ってた。

フクさん
フクさん

うん。
ソースコードは開示してあるんだけど、
利用権が無いんだよね。
厳密には「商用利用するには、AUTOSARパートナーになっていないとダメ」ってこと。

太郎くん
太郎くん

え?
じゃー使っちゃダメなんじゃ?
たぶんうちの会社はAUTOSARパートナーじゃないよ?

フクさん
フクさん

なので、あくまで学習目的に留める。

太郎くん
太郎くん

えー!そのままパクれると思ったのに―!!

フクさん
フクさん

(パクる?!)

フクさん
フクさん

まぁ一般的にオープンソースでもGPLとかだと
組み込んだシステムのソースコード開示義務とかあったりするから
実は業務で使うには難しいことが多いんだよ。
ただ、構造としては各規格に準拠したレイヤ構造になってるし、
他のAUTOSARパッケージ使うことになった際も抵抗なくやっていけるんじゃない?

太郎くん
太郎くん

むぅ。
今回は勉強と割り切るしかないのか。

スポンサーリンク

動作環境

太郎くん
太郎くん

今気が付いたんだけど、
このA-COMSTACKの想定動作環境ってRH850FLとかじゃない?
今回のPC上で問題ないの?

フクさん
フクさん

知らん。

太郎くん
太郎くん

おーい!

フクさん
フクさん

C言語で書かれているはずだから基本問題無いと思うけどねー。

太郎くん
太郎くん

うーん、大丈夫なのだろうか・・・。

スポンサーリンク

A-COMSTACKの構造

フクさん
フクさん

とりあえず、A-COMSTACKとしてはこんな構造になっている。

フクさん
フクさん

で、今回使用したいのがCanTpの部分。

太郎くん
太郎くん

下層に位置しているPDURとかCanIfは使わないの?

フクさん
フクさん

まぁAUTOSARの流儀に則るのであれば、そこも含めて帳尻を合わせるのが正しいんだろうけど、
今回は別にAUTOSARが使いたいんじゃなくて、診断通信を実現してくれる機能が欲しいだけなんでねー。
メンドーなんでCanTpだけ引っこ抜く。

太郎くん
太郎くん

(あ、メンドーって本音出てる。)

スポンサーリンク

動作確認方法

太郎くん
太郎くん

動作確認方法はどうする?
can-isotpの時みたいに、
CanTpとCanTpで通信させちゃうイメージ?

フクさん
フクさん

今、自分で言ってて気が付かなかったの?
can-isotpをオフボードテスタ側にすればいいんじゃない?

太郎くん
太郎くん

あ、そうか!
can-isotp自体はISO15765-2に準拠した動作することは確認済みだから、
これを使えばいいのか!

フクさん
フクさん

じゃ、次回から本格的にA-COMSTACKを弄り回すか。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • TOPPERS協会からA-COMSTACKとうAUTOSARの通信スタックBSW群が公開されている。
    • この中のCanTpを使用。
  • A-COMSTACKはAUTOSARパートナーになっていないと商用利用出来ない。
    • 今回は学習目的で利用。
  • 動作確認用のオフボードテスタ側はpython can-isotpを使用する。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました