【Dcm】車両診断通信 その81【シミュレーション⑲】

車両診断通信

バックナンバーはこちら。

スポンサーリンク

はじめに

AUTOSAR-Dcmのシミュレーションの話。
ReadDataByIdentifierのシミュレーションのPythonコードについて。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

ReadDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード

フクさん
フクさん

今回はReadDataByIdentifierサービス。
テスト用のPythonコードはこんなん。

import isotp
import logging
import time
import threading

from can.interfaces.vector import VectorBus

class ThreadedApp:
   def __init__(self):
      isotp_params = {
         'stmin' : 0, 
         'blocksize' : 4,
         'wftmax' : 0,
         'll_data_length' : 8,
         'tx_padding' : 0xCC,
         'rx_flowcontrol_timeout' : 1000,
         'rx_consecutive_frame_timeout' : 1000,
         'squash_stmin_requirement' : False,
         'can_fd' : False,
         'tx_data_min_length' : 8
      }
      self.exit_requested = False
      #self.bus = VectorBus(channel='0', bitrate=500000)
      self.bus = VectorBus(channel='0', bitrate=500000, fd=True)
      addr = isotp.Address(isotp.AddressingMode.NormalFixed_29bits, source_address=0xF1, target_address=0x10) 
      self.stack = isotp.CanStack(self.bus, address=addr, params=isotp_params, error_handler=self.my_error_handler)

   def start(self):
      self.exit_requested = False
      self.thread = threading.Thread(target = self.thread_task)
      self.thread.start()

   def stop(self):
      self.exit_requested = True
      if self.thread.isAlive():
         self.thread.join()
   
   def send(self, msg):
      self.stack.send(msg)
   
   def my_error_handler(self, error):
      logging.warning('IsoTp error happened : %s - %s' % (error.__class__.__name__, str(error)))

   def thread_task(self):
      while self.exit_requested == False:
         self.stack.process()                # Non-blocking
         #time.sleep(self.stack.sleep_time()) # Variable sleep time based on state machine state
         time.sleep(0.001) # Variable sleep time based on state machine state

   def shutdown(self):
      self.stop()
      self.bus.shutdown()

def sendrecv( app, msg ):
   
   if msg[0] == 0x00:
      tsleep = msg[1]*0x100 + msg[2]
      tsleep = tsleep / 1000
      print("sleep : %f [ms]" % tsleep)
      time.sleep(tsleep)
   else:
      print("Send msg : %s" % (msg.hex()))
      app.send(msg)
      t1 = time.time()
      while time.time() - t1 < 1:
         if app.stack.available():
            payload = app.stack.recv()
            print("Recv msg : %s" % (payload.hex()))
            break
         time.sleep(0.001)


if __name__ == '__main__':
   app = ThreadedApp()
   app.start()
   
   datas=[
      bytes([0x22, 0x12, 0x34]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x22, 0x11, 0x11]),
      bytes([0x22, 0x12, 0x34, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x22, 0x56, 0x78, 0x12, 0x34]),
      bytes([0x22, 0x12, 0x34, 0x11, 0x11, 0x56, 0x78]),
      bytes([0x22, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34]),
      bytes([0x22, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34, 0x12, 0x34]),
   ]
   
   #while True:
   for i in range(len(datas)):
      sendrecv(app, datas[i])

   print("Exiting")
   app.shutdown()
スポンサーリンク

ReadDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード解説

太郎くん
太郎くん

最初のほうはシングルDIDとかマルチDIDとか、マルチDIDの中に未サポートDIDを混ぜるとかのテストっぽいけど・・・。

太郎くん
太郎くん

なんかむっちゃ長いメッセージあるよ!?

フクさん
フクさん

あー、これはマルチDIDでリクエストした際に
「レスポンスメッセージ長が最大値である4095[byte]を超えたらどうなる?」
ってのを確認するためだねー。

フクさん
フクさん

DID=0x1234は一個あたり130byteになる。
メッセージの先頭byteはReadDataByIdentifier Response SIDで0x62固定。
残りの(4095-1)=4094[byte]でどれだけのDIDを応答できるかと言うと・・・。

\(\displaystyle\frac{4095[byte]-1[byte]}{130[byte/DID]}=31.49230769230769[DID]\)

つまり、31DIDまでは応答できるけど、

32DIDになるとメッセージ最大値を超える

ここら辺の挙動の差を見てみる感じ。

太郎くん
太郎くん

それで、長いメッセージあるのかー。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • ReadDataByIdentifierのシミュレーション用のPythonコード書いた。
  • ReadDataByIdentifierのマルチDIDに関連したテストパターンメイン。
    • マルチDID。
    • 未サポートDIDを混ぜる。
    • レスポンスメッセージ長が最大値を超えるようなDID指定。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました