【FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その67【FMILibrary㉔】

【FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その67【FMILibrary㉔】事例
【FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その67【FMILibrary㉔】

バックナンバーはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/model-based-of-minimum-2-backnumber/

スポンサーリンク

はじめに

FMILibraryによるmodelDescription.xml内の変数情報を列挙するコード修正は完了。
前回までに説明したAPI全てを使用している。
(enum→文字列変換含む)

そしていよいよ結果が分かる。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

指差しフクロウ

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

技術者太郎

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

修正コード実行

太郎くん
太郎くん

じゃー実行するよー!ポチー

==============================
Variable name: HIGHT
Description: Hight of the ball
VR: 0
Variability: continuous : 4
Causality: output : 3
Initial: exact : 0
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: HIGHT_SPEED
Description: Speed of the ball
VR: 1
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: exact : 0
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: HIGHT_SPEED alias
Description: Speed of the ball
VR: 1
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: HIGHT_ACC
Description: Speed of the ball
VR: 4
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: A variable
Description: Speed of the ball
VR: 100
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: exact : 0
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: GRAVITY
Description: Gravity constant
VR: 2
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: exact : 0
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: BOUNCE_COF
Description: Bouncing coefficient
VR: 3
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: exact : 0
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: LOGGER_TEST
Description: The logger will print the value of this variable when it is set.
VR: 0
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: String : 3
==============================
Variable name: LOGGER_TEST_INTEGER
Description: This is only used to test logger replace function #i0#
VR: 0
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Integer : 1
==============================
Variable name: LOGGER_TEST_BOOLEAN
Description: This is only used to test logger replace function #b0#
VR: 0
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Boolean : 2
==============================
Variable name: LOGGER_TEST_DERIVATIVE
Description: This is to test that the derivative attribute may appear on any Real variables.
VR: 10
Variability: continuous : 4
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Real : 0
==============================
Variable name: LOGGER_TEST_DERIVATIVE_DER
Description: This is to test that the derivative attribute may appear on any Real variables.
VR: 11
Variability: fixed : 1
Causality: local : 4
Initial: calculated : 2
base_type: Real : 0
==============================
スポンサーリンク

結果確認

太郎くん
太郎くん

これはうまく行ったんじゃん?

フクさん
フクさん

そうだね。
modelDescription.xmlに記載されてるものが列挙され、
内容もあってるね。

フクさん
フクさん

ちなみに変リストのソートルールは

XMLファイルに記載されているオリジナルの順序

にしてある。

太郎くん
太郎くん

確かにその順番になってるね。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • 「modelDescription.xml内の変数情報を列挙」を実施。
    • 問題無く動作。
    • modelDescription.xmlに記載されてる変数がすべて列挙されていることを確認。
  • ソートルールは「XMLファイルに記載されているオリジナルの順序」
    • こちらも想定通りの動作になっていることを確認。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました