2020-05

スポンサーリンク
事例

【仕様書】最小構成のモデルベース開発事例 その5【制御モデル】

前回、簡易HILS案の関係者間調整と物理値変換仕様を実施。 今回は実際の制御モデルに踏み込む。 PID制御は位置型と速度型がある。 位置型はワインドアップの課題を抱えている。 速度型はワインドアップの課題を解消しており、使い勝手が良い。 ソフトウェアで実現するには離散化が必要。
事例

【仕様書】最小構成のモデルベース開発事例 その4【物理値変換】

簡易HILSの案も浮かび、品質保証リスク低減を試みることになった。 今回は簡易HILS案の関係者間調整と物理値変換の話になる。 外部委託する際/される際は何かしら明確な検収要件を決めるべき。 特に実環境が容易に手配できない場合は、大体手段を用意する必要がある。 アクセル開度のように安全性に関わる部分は多重化していることが多い。
事例

【仕様書】最小構成のモデルベース開発事例 その3【論理構成】

論理構成を考える際は物理値変換部と制御に分けた方が良い。 物理的な制約と仕様の切り離しができ、移植性とシミュレーション可能性が引きあがる効果がある。 早期検証を考えることで品質保証リスクを下げる仕掛けを考えておくとよい。 当然、関係者との調整は必要になる。 よって、説得材料等もそろえておいた方が良い。
スポンサーリンク
事例

【仕様書】最小構成のモデルベース開発事例 その2【物理構成】

前回、「仕様書は大きい事から書いていく」ことを理解した太郎くん。 今回は実際の手段(仕様)の話に進む。 仕様も大きい話から書いていく。 まずは物理構成の開発対象の外側も含んだ構成。 次に開発対象の内部の構成。
事例

【仕様書】最小構成のモデルベース開発事例 その1【背景、目的】

モデルベース開発と言っても対象によって手法や使うツールも様々。 仕様書等の開発ドキュメントは大きい話から書いていく。 背景、経緯、目的など。 背景、経緯、目的は形式的なものではなく、ドキュメントの誤認識を抑制する仕掛けの一つ。
モーター

モデルベース開発とモータ バックナンバー

第1話 仕事率、エネルギー保存則 第2話 仕事率、電力 第3話 トルク、回転数 第4話 効率、損失 第5話 T-I特性、T-N特性
モーター

【TI】モデルベース開発とモータ その5【TN】

バックナンバーはこちら はじめに モデルベース開発に於いては、リアルさを求めることは重要だが、そのリアルさの取捨選択も重要と学んだ太郎くん。今回はモータのスペックシートの読み方を覚えることになる。 登場人物 ...
モーター

【効率】モデルベース開発とモータ その4【損失】

バックナンバーはこちら はじめに 仕事率、トルク、角速度、回転数の話が終わり、残りは効率の話となる。しかし、効率は条件よって変わることが多い上、結構難解であることが多い。 登場人物 博識フクロウのフクさ...
モーター

【トルク】モデルベース開発とモータ その3【回転数】

バックナンバーはこちら はじめに 前回、太郎くんは異なる物理領域を横断するには仕事と仕事率という物理量を利用することが手っ取り早いことを知る。しかし、仕事、仕事率同士だからと言って単純変換できるわけではない。 ...
モーター

【仕事率】モデルベース開発とモータ その2【電力】

バックナンバーはこちら はじめに モータの 電力=仕事率動力=仕事率 であることから、モータは「電気、力学の間のエネルギー保存の法則を最も簡単に実現してくれる装置」であることを知った太郎くん。今回は仕事...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました