【入門】MATLABの基本的な使い方【数値計算】

MATLAB/Simulink
スポンサーリンク

はじめに

MATLABの基本的な使い方の備忘録。
基本的な演算(四則演算)、記述ルール、ベクトル表記、行列表記、行列からの要素抜き出しのお話となる。
これだけでも、おおよそのデータ解析は十分はできるようになる。
Simulinkモデル化前の手計算替わりに使うことが多い。

※ MATLAB、Python、Scilab比較ページはこちら

スポンサーリンク

単純計算

>> a=1;
>> b=2;
>> c=a+b;
>> c

c =

     3

>>
スポンサーリンク

記述ルール

コメント%
結果の非表示行末に”;”(セミコロン)
複数行での入力行末に”…”(ピリオド三つ)
スポンサーリンク

ベクトル、行列

列の区切り (半角スペース) or “,”(カンマ)
行の区切り;(セミコロン)

ベクトルの定義

>> x=[1;2;3]

x =

     1
     2
     3

>> linspace(0,10,5)

ans =

         0    2.5000    5.0000    7.5000   10.0000

>> 

行列の定義

>> A=[1 2 3; 4 5 6; 7 8 9]

A =

     1     2     3
     4     5     6
     7     8     9
スポンサーリンク

行列要素の抜き出し(スライシング)

>> A=[1 2 3; 4 5 6; 7 8 9]

A =

     1     2     3
     4     5     6
     7     8     9

>> A(1,2)

ans =

     2

>> A(2,2)

ans =

     5

>> A(2,3)

ans =

     6

>> A(2,:)

ans =

     4     5     6

>> A(2,2:3)

ans =

     5     6

>> A(:,3)

ans =

     3
     6
     9

>>
スポンサーリンク

まとめ

基礎であるが故にもっとも使用頻度が高いと言える。

※ MATLAB、Python、Scilab比較ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました