【振り返り】ブログ開設一年半記念記事【技術ブログのPV数と収益】

【振り返り】ブログ開設一年半記念記事【技術ブログのPV数と収益】付加価値
【振り返り】ブログ開設一年半記念記事【技術ブログのPV数と収益】
スポンサーリンク

はじめに

ブログ開設してからちょうど(?)1年半
まぁ一年半をちょうどと表現して良いのかは疑問ではありますが、
一応、半年単位で振り返りするのが良いかと思い、
このタイミングでやりました。
2周年記念で1年分の振り返りと言うのも大変ですし。

(2020年1月17日スタートでこれを書いてるのが2021年7月17日)

尚、過去の振り返り議事はこちら

半年記念

一周年記念

内容としては、恒例の構成として以下を書くつもりです。

  • 記事数について
  • 記事内容について
  • アクセス数の話
  • 収益の話
スポンサーリンク

トータルの記事数について

とりあえず、ここ半年は1日1記事を維持
というよりも1日1記事はこれで丸1年は継続した状態となっています。
記事数もトータルで540記事に至っているはずです。

正直、書くことには慣れてしまって、もはや頑張ってる感は無くなってしまいました。
本当であれば、SEOの勉強とかしてさらにアクセス数向上に向けてのステップアップするタイミングなのでしょうが、そういう類の記事でもないので現状キープです。
(一応、勉強はしますが。)

リライトについても誤字脱字、表現の調整をする程度で内容を大きく変えることはしていません。

スポンサーリンク

直近半年の記事数について

直近半年の記事数を月別にすると以下になります。

2021年7月18
2021年6月30
2021年5月31
2021年4月30
2021年3月31
2021年2月28
2021年1月31

まぁ1日1記事でやってきたわけですから、
各月の日数と同じにはなりますね。

スポンサーリンク

記事内容について

ここ半年の記事内容は大きく以下のカテゴリになります。

  • SDカード、FileSyste系
  • Modelica、FMU/FMI系
スポンサーリンク

SDカード、FileSyste系

車載外部ストレージ バックナンバー

不揮発性メモリ、SDカード、FileSystemの話のシリーズものです。

トータルで132記事になってしまい、正直SDカードとFileSystemは分けた方が良かったかもしれません。
SDカードが調べれば調べるほど情報が出てきてしまい、結果的に記事が膨大に・・・。

余談ですが、
技術ブログを書く際にネタに困っているのであれば、
「仕様書の要約」を書いていくってのはアリだと思います。
SDカードもSDAである程度の仕様が開示されています。
SDカード関連の私の記事は書き方が特殊なだけで、やっていることは「仕様書の日本語訳&要約」です。
これで記事が成立するなら、技術者の記事ネタが枯渇するというのは理論上無いでしょう。
(読者が付くかどうかは別問題ですが。)

スポンサーリンク

Modelica、FMU/FMI系

最小構成のMBD事例 第2章 バックナンバー

これは比較的最近書き始めたシリーズです。
第2章ということで第1章もあります。

最小構成のモデルベース開発事例 バックナンバー

第1章はMATLAB/Siulinkを主軸に書いてあるものですが、
第2章はOpenModeliaと主軸のシリーズになる予定です。
(すでに若干OpenModeliaから離れつつはありますが)

モデルベース系は自分の経験を元に書いてることが多いので、かなり書きやすいです。
フィクションと見せかけてノンフィクションがそこそこ紛れてます。

私のシリーズ物の記事の書き方としては、以下の手順が多いです。

  • 最初の方は概要の話
  • 途中から掘り下げ
  • 最後はシミュレーションである程度の理論の正しさの証明

モデルベース系はこれが比較的実施し易いので安心して書き続けられます。

スポンサーリンク

流入キーワード

流入キーワードとしては、直近に書いた記事はほぼ上位には来ません
半年くらいするとちらほら30位圏内に出てくる程度です。

とりえあず、直近半年で10圏内(Google検索1ページ目)の流入の有ったキーワードをカテゴリに分けつつ列挙してみます。

  • MATLAB、Python、Scilab比較
    • scilab matlab
    • matlab python
    • scilab python
    • scilab simulink
    • python simulink
    • python 波形表示
    • scilab 画像処理
    • silab syslin
  • 株価予測
    • lstm 株価予測
    • python 株価予測
    • rnn 株価予測
  • G検定
    • g検定 過去問
    • jdla deep learning for general 難易度
    • g検定 ブログ
    • g検定 解答速報
    • g検定 感想
    • g検定 問題数
  • エンジニアの人事目標
    • エンジニア kpi
    • smart 目標設定 エンジニア
    • エンジニア 目標設定
  • なぜなぜ分析
    • なぜなぜ分析 ロジックツリー
  • 故障診断通信
    • suppressposrspmsgindicationbit
    • cantp
    • python can
    • busmaster 使い方
    • can マルチフレーム
    • autosar dcm
    • autosar cantp
    • stmin
    • pduif
    • virtual can bus
    • isotp
    • uds can
  • モデルベース
    • 極座標 外積
    • モータ 伝達関数
    • s-fnction使い方
    • s-function builder
    • 物理値変換
    • python control
    • 逆起電力定数 トルク定数 同値
    • モータ 運動方程式
    • maf 車
  • 車載ネットワーク
    • canoe blf
    • blfファイル vector
    • 100base-t1 100base-tx違い
    • pam3 変調

元々は「G検定」と「株価予測」が稼ぎ頭だったところ、
MATLAB、Python、Scilab比較」「エンジニアの人事目標」「故障診断通信
がまぁまぁのボリュームのあるキーワードで検索上位に来た事で2トップ頼りだった弊ブログが結構安定的に人が来るようになりました。

【入門】MATLAB,Python,Scilab使い方比較【数値計算プログラム】

【SMART】エンジニアの考える人事目標設定【KPI】

【Why?】なぜなぜ分析のコツというか実施するための前提条件と事例【What?】

車両診断通信【バックナンバー】

「エンジニアの人事目標」「なぜなぜ分析」は特に何かを狙って書いた訳ではないですが、
そこそこのアタリ記事になって、何がどうなるかは本当にわからないなぁって印象です。

スポンサーリンク

アクセス数について

とりあえずPV/月をまとめました。

PV/月備考
2021年1月5668 
2021年2月5518 
2021年3月21301G検定超特需
2021年4月6061 
2021年5月7592 
2021年6月11499G検定特需?
2021年7月10904G検定超特需(7/17までの集計)

振り返り時に毎回書いてる内容にはなりますが、
G検定特需が半端ないです。
これにより初の2万[PV/月]を突破しました。
20217月も2万[PV/月]突破を期待したいところですが、今のペースだとちょっと届きそうも無いです。
まぁG検定抜きの実力は7000[PV/月]ってところでしょうか。

それでも前々回のG検定超特需月である、2020年11月が6418[PV/月]だったわけで、
その数値を通常月で超えてきたのは感慨深いところです。

スポンサーリンク

ページ毎アクセス数について

前回の振り返りでコスパ指数(1文字あたりPV数)という謎の数値を出したので
今回も出してみました。

※ TOP50のみで集計

項目PV/半年総文字数コスパ指数
G検定27441363510.7549
車両診断通信65772574970.0255
数値計算4430194990.2272
モデルベース28852393520.0121
株価予測2392146680.1631
人事目標107998910.1091
車載ネットワーク2752415540.0011
なぜなぜ分析25868080.0379

「G検定」が圧倒ですね。
PV数だけでみると「車両診断通信」「数値計算」「モデルベース」が今までNo.2の座に君臨していた「株価予測」を追い抜きました
ただ、「車両診断通信」「モデルベース」は大量に書いた割にはPV数は稼げていない感じです。
「数値計算」は比較的優秀な数値です。
今後もう少し力を入れても良いのかもしれません。

スポンサーリンク

収益の話

そしてついに収益の話です。
半年前は「月商4桁ブロガーに到達!!!」ってところですが、
まぁ状況としてはあんまり変わってないですね。
Googleアドセンスが安定して千円/月は超えて二千円/月はほぼほぼ確定か?
ってあたり。

とりあえず収益源は以下

Googleアドセンス

Amazonアソシエイト

もしもアフィリエイト


今回も月別収益が雰囲気が分かる程度で記載します。

GoogleAmazonもしも備考
2021年1月千数百千弱数百 
2021年2月千数百千強¥0 
2021年3月4千ちょい百ちょい¥0G検定超特需
2021年4月千数百¥0¥0  
2021年5月二千弱二百ちょい¥0  
2021年6月二千強数百数百  
2021年7月二千数百百ちょい数百G検定超特需(7/17現在までの集計)
合計1万4千ちょい3千ちょい千弱  

半年前と比較して、
Googleアドレセンス、Amazonアソシエイトは収益増
もしもアフィリエイトが収益減
合計としては6千[円/半年]以上の増

一般的にブロガーとしては少ない方でしょう。
これは技術ブログの宿命なのかもしれません。

まぁ書いてる記事の性質上、時代の流れに伴って廃れるタイプは少ないので、
今更新止めて放置しても勝手に収益上がるような気もしなくもないです。

所感としては、記事数、文字数と収益の相関性とは別に
時間との相関性も感じており、放置しても時間とともに検索順位上がって収益に繋がる印象はあります。

Google検索のコアアルゴリズムのアップデートも何回か入ったようですが、
弊ブログでは無風でしたね。
記事的にライバルが少ないところなので、検索アルゴリズムが変わった程度では何も変化しないってことなのだと思いますが、
検索アルゴリズムが変わった程度で変化するところで戦うのはブログという仕組みを作る戦略としてはあまり良いポジショニングでは無いのかもしれません。

スポンサーリンク

今後の方針

とりあえずは現状のペースをキープする予定です。
一周年記念記事でも書きましたが、特に頑張らずに続けられることが重要かなと思います。
収益の方がもじわじわと上がってきてはいますが、
今のところ副業と言えるレベルまでには到達していません。
アフィリエイト側に力を入れたり、記事事態を有料noteにするという手もあるかもしれませんが、
領域がニッチなんで、収益に直結するイメージは湧きません。
気ままに書いて、流入キーワードを見ながら業界動向を推測するのが一番良い使い方なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

  • 祝1年半。
  • 記事数は540記事に到達。
  • 直近半年の記事はSDカード、FileSystem、Modelica、FMU/FMI。
  • 「G検定」が稼ぎ頭なのは変わらないが、「MATLAB、Python、Scilab比較」「エンジニアの人事目標」「故障診断通信」も浮上。
  • 収益は大体2千円/月オーバーあたり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました