【上流検証】最小構成のモデルベース開発事例 その41【Bypass⑦】

事例

バックナンバーはこちら

スポンサーリンク

はじめに

今回から実際に使うツールの話になる。

登場人物

博識フクロウのフクさん

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

MCツール?

太郎くん
太郎くん

前回まででXCPの話は終了で良いのかな?

フクさん
フクさん

そうだね。
ツールを使う分には十分だと思う。

太郎くん
太郎くん

ツール、ツールと言われてるけど、

どういうツールになるの?

フクさん
フクさん

一般的にはMCツールと呼ばれるものになるね。

太郎くん
太郎くん

MCツール?
MCはなんかの略語?

フクさん
フクさん

MMeasurementで計測。
CCalibrationでキャリブレーション。
を意味する。
ASAMの仕様で良くMCDって言葉が出てくるんだけど、

ここから取られている名称だね。

太郎くん
太郎くん

MCDのDは?
今回は関係ないの?

フクさん
フクさん

DDiagnosticの略で故障診断の話になる。
というわけで今回は関係無いね。

INCAとCANape

太郎くん
太郎くん

で、実際のツールはどういうのがあるの?

フクさん
フクさん

実際のツールとしての有名どころは2つだね。
ETAS社製のINCAか、

Vector社製のCANapeが候補に上がりやすいね。

ETAS INCA

INCA
INCAの基本製品では、総合的な計測機能と適合機能に加えて、適合パラメータ管理用のCDM、計測データ解析用のMDA、ECUフラッシュプログラミング用のProFといったツールを用意しています。

Vector CANape

https://www.vector.com/jp/ja/products/products-a-z/software/canape/
太郎くん
太郎くん

両方とも聞いたことあるよ。
使ったことないけど、使ってる人は良く見かける。

フクさん
フクさん

まぁこの業界で車両計測って話になったら、

どっちかになるだろうね。

太郎くん
太郎くん

どっちが良いってある?

フクさん
フクさん

まぁ性能差が明確にあるわけではないので、

  • 使い慣れている。
  • 周りで使っている人が多い。

くらいの判断基準になるかな。

太郎くん
太郎くん

どっちも無い場合は?

フクさん
フクさん

・・・。

フクさん
フクさん

どっちでもいいんじゃん?

太郎くん
太郎くん

おい!

宝の持ち腐れ

太郎くん
太郎くん

そういえば、

CANapeって最近身近で聞いたような気がするんだよなぁ。
なんだっけか?

フクさん
フクさん

CANoeと勘違いしてない?

太郎くん
太郎くん

いや、

CANoeじゃなくて、

明確にCANapeと記憶してるんだよねぇ。

フクさん
フクさん

お客さんとこで聞いたとか。

太郎くん
太郎くん

いや、もっと近いとこ・・・。
あ!そういれば上司がCANapeを購入して
「なんだこれ?さっぱり使い方がわからん」
って放置してたやつだ!

フクさん
フクさん

それは即行で回収だな。
宝の持ち腐れだ。

太郎くん
太郎くん

ということは、

今回使うMCツールはCANapeってことでいいのかな?

フクさん
フクさん

そうだね。
INCAにしてもCANapeにしても新規に購入するにはまぁまぁな出費なんで
手元にあるんだったら、それを使った方が良いね。

太郎くん
太郎くん

じゃあ、上司に掛けあってCANapeを入手しておくよ。

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • Bypassを実現するにはMCツールが必要。
    • MがMeasurementで計測。
    • CがCalibrationでキャリブレーション。
  • MCツールの代表格にETAS社製INCAとVector製CANapeがある。
    • どちらが良いということは無く、使用実績から選択した方が良い。

バックナンバーはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました