【収支】MATLAB、Pythonで株価予測 その49【シミュレーション①】

【収支】MATLAB、Pythonで株価予測 その49【シミュレーション①】株価予測
【収支】MATLAB、Pythonで株価予測 その49【シミュレーション①】

バックナンバーはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/stock-predict-matlabpython-backnumber/

スポンサーリンク

はじめに

前回は、新VTIチャートから範囲パターンの周波数抽出を行った。
範囲を広げるほど、いい感じにはなるが、
それは当然の話で、元の新VTIチャートに戻っていっているだけの話。
よって、適度な抽象的な波形で分析をするのが吉となる。

今回から、実際に収益がでるかのシミュレーションの話に突入する。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

指差しフクロウ

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

技術者太郎

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

今後の方針

太郎くん
太郎くん

一応、新VTIチャートでいろいろなパターンの周波数特性を抽出で来たわけなんだけど、
これからはどうしよっか?

フクさん
フクさん

実際に収益がでるかシミュレーションをしてみようと思う。

太郎くん
太郎くん

具体的にはどうするの?
まさか、実際に売買をするの?

フクさん
フクさん

それじゃシミュレーションじゃなくなっちゃうじゃん・・・。

フクさん
フクさん

新VTIチャートをベースに抽出した波形の極大値と極小値を捕まえて
極小値で買付。
極大値で売却。
ってのを繰り返したら、果たして利益が出るのか?
ってところだねー。

太郎くん
太郎くん

おー!
それは面白そうだ!

スポンサーリンク

大雑把な作業手順

フクさん
フクさん

そういうわけで以下の流れで作業を行う。

  • 素のVTIチャートを取り込んで、プログラム的に平均値を引くようにうする。
  • 極大値と極小値の位置を特定する。
  • 極大値と極小値の位置に於けるVTI価格を取得する。
  • 手数料、税金を想定して収益を算出する。
太郎くん
太郎くん

最初の「素のVTIチャートと取り込む」ってなんで必要なの?
すでに平均値をバイアスとして引いた値をcsvファイルとして作ってあると思うのだけど。

フクさん
フクさん

実際のVTI価格が欲しい」ってのが本当の理由だね。
手数料なんかは実際の売価がわからないと決まらないんで。

太郎くん
太郎くん

あー、そういうことね。

スポンサーリンク

プログラムでやる範囲は?

太郎くん
太郎くん

で、プログラム的に実施するのはどこまでになるのかな?
全部やろうと思えばやれるとは思うけど、結構ややこしいことになりそうな・・・。

フクさん
フクさん

先の4つの作業としては、最後の手数料、税金の話以外はプログラム的にやってしまう予定だ。
最後のもプログラム的にやれなくも無いが、
買付余力とVTI価格がキレイに割り切れるわけじゃないから、そういった端数をうまく切り捨てながらの手作業の方が良いな。
実際の売買の回数もそれほど多くないから、たぶん大丈夫だろう。

太郎くん
太郎くん

ようわからんが、込み入った話があるなら手作業の方が良い気がする。

太郎くん
太郎くん

しかし、極大値、極小値とかどう求めるんだ?

フクさん
フクさん

これはそれほど難しくはないよ。
後程説明しよう。

太郎くん
太郎くん

まぁフクさんがおおよそ把握してるなら別にいいか。

フクさん
フクさん

(なぜ、そこで思考停止するのだ・・・。)

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • 収支シミュレーションをする上で、今後の方針を決めた。
  • 基本的にはプログラム的に算出するが、実際の売買時の計算は手動で。
    • 気が向いたら自動演算化するかも。
  • 極大値、極小値を特定する必要があるが、これはそれほど難しくはない。(つもり)

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました