【ASAM】最小構成のMBD事例 第2章 その272【MDF①】

【ASAM】最小構成のMBD事例 第2章 その272【MDF①】事例
【ASAM】最小構成のMBD事例 第2章 その272【MDF①】

バックナンバーはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/model-based-of-minimum-2-backnumber/

スポンサーリンク

はじめに

前回までで当初の目的の「簡易HILSの実現」は完了。
高度な検証設備は利用回数が限られていることもアリ、
Python環境、CANoe環境の仮想HILSは手戻り削減の事前検証で強い効果が見込まれる。

というわけで本来であれば、本シリーズも終了になるのだが、
もう少しネタがあるのでちょっと続く。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

指差しフクロウ

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

技術者太郎

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

ちょっとした問題

太郎くん
太郎くん

うーん。

フクさん
フクさん

どうしたの?

太郎くん
太郎くん

前回までで仮想HILSで目的の「簡易HILS」が実現で来たんでいろいろ報告書をまとめてたんだけど、
Python環境下の仮想HILSの場合、計測ログが残らないんだよねー。

フクさん
フクさん

まぁとりあえず動かすことを目的としてるからね。

フクさん
フクさん

でもログが欲しければ計測データをファイルに出力するとかですぐ対処できるんじゃない?

太郎くん
太郎くん

そのファイルなんだけど、会社の方針でMDFって形式の方が良いって話を聞いたんだよねー。
CANoeだと簡単にできるっぽいけど、Pythonの場合どうしたもんかと・・・。

フクさん
フクさん

確かにMDFはCANoeの場合、デフォルトの機能として持ってるものだから問題にはならないな。
Pythonは何かしらの対処が必要そうだ。

スポンサーリンク

そもそもMDFがわからん

太郎くん
太郎くん

あと、そもそもの話になっちゃうんだけど、
MDFって何?

フクさん
フクさん

そこからか。

太郎くん
太郎くん

なんか良く聞く名前だなーって程度でどういうフォーマットなのかどういうデータが格納されてるのか、なんでMDFじゃないといけないのかとかさっぱりわかってないんだよね。

フクさん
フクさん

じゃー、まずは以下の話をしていこうか。

  • MDFとは?
  • MDFのデータ構造
  • MDFの有用性
太郎くん
太郎くん

よろしくー。

スポンサーリンク

MDFとは?

フクさん
フクさん

まずはMDFについてだが、これは以前もどこかで説明はしたかもしれんが、
ASAM(Association for Standardisation of Automation and Measuring Systems:自動化システムと測定システムの国際標準化団体)
で標準化されている計測データフォーマットで、Measurement Data Formatの略になる。

太郎くん
太郎くん

Measurement Data Formatって割とそのまんまな名前だったのか・・・。

フクさん
フクさん

ここでちょっと問題になってくるのが、
Versionが2,3,4と存在しているところだな。
現在に於いてはVersion3とVersion4があるだけだと思うけど。

太郎くん
太郎くん

Version4がVersion3の上位コンパチみたい感じ?

フクさん
フクさん

それだったらありがたかったのだが、
データ構造のポリシーが似ているだけで、フォーマットとしては全く別物だな。

太郎くん
太郎くん

マジか・・・。

フクさん
フクさん

さらに先ほどのASAMで標準化されてる仕様はVersion4だけVersion3はASAM仕様ではない

太郎くん
太郎くん

なんかどんどんキナ臭くなってきたぞ・・・。

フクさん
フクさん

というわけでVersoin3の仕様についてはVector社かETAS社から入手する必要がある
Vector社だったら誰からも見えるように開示してるみたいだね。

フクさん
フクさん

ちなみに社内で使おうとしているMDFはVersion4で問題無い?

太郎くん
太郎くん

そこは確認してみないとわからないなー。

フクさん
フクさん

Version3とVersion4の両方の話となるとそこそこややこしいことになるので、
どっちか片方にしてもらうとありがいたいかな。

太郎くん
太郎くん

じゃー次回までに確認しておくよー。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • Python環境下の仮想HILSで収録データが無いことが問題に。
    • さらに収録データフォーマットはMDFが望ましいらしい。
  • MDFはASAMで規定されてる標準仕様。
    • ただしVersion4がASAM仕様で、それより以前のVersionは非ASAM。
    • Version3,Version4のどちらかについて解説していく方向にしたい。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました