【FMI/FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その249【CANoe②】

【FMI/FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その249【CANoe②】事例
【FMI/FMU】最小構成のMBD事例 第2章 その249【CANoe②】

バックナンバーはこちら。
https://www.simulationroom999.com/blog/model-based-of-minimum-2-backnumber/

スポンサーリンク

はじめに

前回は仮想HILSと仮想ECUの精度が上がらなかった原因を予測し、
「ほぼ間違いなく応答性」と推測。
これが原因となるとPythonベースの仮想HILSでは解消は難しい。
だからと言って本当のHILSを導入するにはかなりの費用が発生する。
そこで、折衷案でVector社のCANoeが使用できないかを検討することとなった。

スポンサーリンク

登場人物

博識フクロウのフクさん

指差しフクロウ

イラストACにて公開の「kino_k」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=iKciwKA9&area=1

エンジニア歴8年の太郎くん

技術者太郎

イラストACにて公開の「しのみ」さんのイラストを使用しています。
https://www.ac-illust.com/main/profile.php?id=uCKphAW2&area=1

スポンサーリンク

仮想HILSの機能を列挙

太郎くん
太郎くん

今回はCANoeで仮想HILSができそうか検討するんだよね?

フクさん
フクさん

そうだね。
そこでまず現行の仮想HILSの機能を列挙してみよう。

太郎くん
太郎くん

あ、なるほど。
機能を列挙して、それぞれがCANoeで可能な機能なのかを検討していくのね。

フクさん
フクさん

そうそう。
というわけで列挙してみた。

  • FMU import&実行
  • 各種信号のグラフ表示
  • CAN受信
  • XCPマスタ
太郎くん
太郎くん

まぁ大雑把にはこんなもんだよね。

スポンサーリンク

CANoeで仮想HILSが実現可能か検討

フクさん
フクさん

まず最初の「FMU import&実行」だが、
これは恐らく可能だろう。

太郎くん
太郎くん

確かここらへんの話でFMU importに対応してるのは間違い無さそうだよね。

フクさん
フクさん

ただ、この時はFMIで定義されたシグナルが参照できるかを見ただけなので、
本当に動作するか実験しておいた方が良いだろう。

太郎くん
太郎くん

「各種信号のグラフ表示」、「CAN受信」は問題無いね。
これが目的のツールだし。

フクさん
フクさん

うん。そこは気にしなくてOKだ。

太郎くん
太郎くん

「XCPマスタ」はどうなんだろう?

フクさん
フクさん

CANoeを「XCPマスタ」として動作させるには「オプションXCP/AMD」という追加ライセンスが必要みたいだな。

太郎くん
太郎くん

え゛

太郎くん
太郎くん

たぶん、僕が持ってるCANoeライセンスにはそんなの入ってないよ?!

フクさん
フクさん

じゃ、XCPマスタの機能は使えない。

スポンサーリンク

CANoeでXCPマスタの機能の実現は不可能なのか?

太郎くん
太郎くん

じゃーもうだめじゃーん!

フクさん
フクさん

まぁXCP自体は複雑なプロトコルでは無いし、
我々もXCPの実験をしていた初期の頃ってPython-canでCANフレームをそのまま送ってたじゃん?

太郎くん
太郎くん

そういえば、最初はPython-canでやってて途中からPyXCPを使い始めたんだっけか?

フクさん
フクさん

というわけで、汎用的なXCPマスタは無理だが、
Python-canでやってた時のようにCANフレーム単位の送受信で今回の仮想HILS、仮想ECU連携に特化したXCPマスタは作れると思う。

太郎くん
太郎くん

確か、CAPLを使うと割と自由にCAN送受信ができるから、
そのノリってPython-canを使ってる時と同じようなものってことになるのか。

フクさん
フクさん

というわけでXCPマスタも一応可能と判断して良いだろう。

太郎くん
太郎くん

ということはCANoeで仮想HILSが作れる!

フクさん
フクさん

かなり見込みはあるそうだね。
まぁそれでも一個ずつ確認していく必要はあるだろうけど。

太郎くん
太郎くん

じゃー、そこらへんの実験ロードマップを考えないとね。

スポンサーリンク

まとめ

フクさん
フクさん

まとめだよ。

  • CANoeで仮想HILSの実現が可能かを検討する間に現行の仮想HILSの機能を列挙した。
  • FMU import&実行。
    • たぶんOK。でも要確認
  • 各種信号のグラフ表示&CAN受信。
    • 間違い無くできる。
  • XCPマスタ
    • 本当のXCPをするなら追加ライセンスが必要。
    • しかし、CAPLを駆使すれば今回の目的は達成できそう。

バックナンバーはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました